「 ギター教室日記 」一覧

レッスン11回目 コード進行に沿って、メロディを作る

レッスン11回目 コード進行に沿って、メロディを作る

最近は同じコード進行を、キーを変えて演奏したり、16分音符のリズム練習をしていますが、そのコード進行に沿って、何か適当なメロディを載せようと思っても、どうにもうまくいきません。コードを押さえながらのメロディを弾くには制限が多すぎて単調になります。先生に聞いてみたら、「コードフォームにとらわれずに、親指一本でベース音だけを弾けばいいよ!」との事。

レッスン10回目 16分音符のリズム練習

レッスン10回目 16分音符のリズム練習

レッスン10回目は、音楽理論ではなく、ちょっとしたリズム練習のコツを教えてもらいました。教本では、常に足でリズムを一定に保ちましょうと書いてあって、それを実践するために4分音符の頭で床を叩きながら弾くのですが、裏拍で弾くのが続くと、足の動きが裏拍になってしまいます。それを克服をする練習方法を聞いてみました。

レッスン9回目 ダイアトニックコード以外のコード

レッスン9回目 ダイアトニックコード以外のコード

ダイアトニックコード以外のコードが出てきて、何か悲しげな感じに感じるなら、マイナースケールからの借用の場合が多いそうです。「ギターで覚える音楽理論」のメジャー&マイナー・コードのミックスという項目に、今回のレッスンの内容が載っていましたが、読んだだけではなかなか覚えれないですね^^

レッスン8回目 リズムとスケールの名前

レッスン8回目 リズムとスケールの名前

いわゆるカノン進行(1-5-6-3-4-1-2-5)をC、G、D、A、E、B、Fのキーで弾けるように頑張っています。今現在、同じキーを連続で弾けば、指でフォームの流れを覚えて、以前と比べたら結構上達してスラスラと弾けるようになったと感じます。

レッスン7回目 リズムや、今後の練習のあり方

レッスン7回目 リズムや、今後の練習のあり方

「練習しましたか」と聞かれ、「ほとんどしてないです。」と素直?に答えました。穏やかな感じで、「今までに教えた事を、しっかり覚えないと、実践的な内容で先に進めないよ」「毎回、豆知識を教えても、実際の作曲に生かせれないし、時間だけ過ぎていきますよ」と言われました。

レッスン6回目 ペンタトニック

レッスン6回目 ペンタトニック

ペンタトニックは5つの音で弾くという、超簡単な説明で押さえる場所を教えてもらって、伴奏の曲やオーディオに合わせ練習。やることは分かっても、ギターソロっぽい演奏にはなかなかならない。もっといろんな曲を聴かないと駄目なのかもしれません・・・。