SH Guitars UG ONEの評価と感想

 SH Guitarsの6弦ウクレレシリーズのUG ONEをヤフオクで手に入れました。ウクレレから派出したミニギターですので、小ささは折り紙付きです。それなりの値段ですので、見た目も所有感をくすぐります。

SH Guitars UGの仕様と価格等

 2017年10月現在では、持っていたUG ONEのような、UGシリーズの入門機は製造していないようです。
 ヘッドウェイギターズの40周年記念の「HUG-SAKURA/40th」「HUG-YOZAKURA/40th」が、定価15と16万円。
 UG-2ACというアカシアモデルが定価8万円、 UG-2MG というマンゴーモデルが定価8万円です。この二つとも生産完了品とホームページに載っていたので、来年は違うモデル・材になりそうですね。

 弦長は432mmで、ネック幅は47mm。チューニングは5カポ相当のA,D,G,C,E,A。
 見た目以上に音が鳴って、かわいいやつです。

 中古やヤフオクに、色んな材質のモデルや、特別仕様のものが売られていて、コレクター魂を突きます^^

実際の音、響き、弾きやすさ

 ハイエンド・ベースの製作で知られる「STR GUITARS」と、30年以上の歴史を誇る老舗国産アコースティックギターメーカー「Headway Guitars」がコラボレーションし生まれたブランドが「SH Guitars」です。
 さすが、国産ギターという安心に響きです。小さいのに音量があるのが不思議です。

 試奏曲は、やさしさに包まれたなら、ポニョ、夢中飛行(練習中^^;)です。
 (2015年07月19日録音)

 で、第一印象ですが、 「ちっさ!!」

 第二印象、 「ナイロン弦の音 気持ちいい!!」

 最終印象、 「やっぱ、ちっさすぎ><;」

 ということで、落札から5ヵ月後に、再度ヤフオクに旅たちました^^;
 所有欲は良かったのですが、どうしても弾きにくいので、ケースに入れっぱなし、宝の持ち腐れというか、次のミニギターコレクションの軍資金としてドナドナしました。
 このシリーズは、ウクレレ奏者が楽しむミニギターという印象です。アコギ奏者が楽しむミニギターとしては小さすぎて扱いに困るかも。
 特に右腕に食い込んでくるのが・・・どうも^^;
 ミニギターの大きさの限界点はタコマのパプーズと思います。ヤマハのAPXT2ですら、少々弾きにくいと感じますし。

SH Guitars UG ONE

一番の長所!

 見た目かわいいのに、結構な音量。
 響きも値段なりに満足できます。
 そして、両肩で背負えるリュック型のギグバックがものすごく質がいい!
 これぞトラベルギターになるという機能バックですが、こんな高いギターを背負ってバイクでツーリングするのは少々おっかなびっくりかな^^;

その他

 このUG ONE、他の機種のUGS-701とか、UGS-Tochi SP [栃]とかと比べると、値段は手ごろ・・・。
 手ごろと言っても、ヤフオクの中古で3万5千円でしたが、ミニギターのコレクションの一つとして落札しました。

 ドナドナしたけど、僕がウクレレ奏者なら一生持っていたと思います。
 ウクレレが好きな人にはお勧めできますね^^

 でも僕みたいにアコギ好きで、ミニギターが欲しい人には正直薦めれないな。あまりにも小さすぎます。
 でもヤフオクで中古で手に入れれば、案外売る時(ヤフオクでね)も同じような値段で売れますよ。
 このようなマニアック商品は、欲しい人は欲しいし、玉数が少ないので儲かりはしないけど、レンタル料金程度で弾けますよ(多分)。
 実は、当の本人がCordoba(コルドバ)の Guilele CE ギタレレという同じようなサイズのミニギターに、懲りずにチャレンジしようかなと思ってたり・・・w

演奏動画

 

スポンサーリンク