dandelion 12 Storiesより 岸部眞明

 岸部さんの曲を練習するようになっても、知っている岸部さんの曲はあまりなく、そんな半年前、ブログ仲間の記事で練習しているのを聴いて一目ぼれ。
 花、たんぽぽ、そして富士山・・・岸部さんの自然豊かな情緒のある曲は、ほんとツボです^^
 そして譜面のオタマジャクシの少なさにびっくりです。いつかはこんな素敵な曲をつくってみたいですね〜

 練習の記録(2016年2月7日)

 メインのパソコンが復旧したので、本サイトの記事を増産中^^
 今後練習したい、弾いてみたい岸部さんの曲を、楽譜ほぼ初見で演奏録音してます。
 岸部さんの曲の素敵な所は、情緒あるメロディ+弾いたときに感じるシンプルさですね。押尾コータローさんや、松井祐貴さんの曲は、テクニック満載で憧れますが、まず弾けないし^^;

 実際弾いてみると、公式?譜面はデカすぎる!!
 1ページに4分の3拍子が12小節。見やすいし、一小節づつコツコツ練習するには丁度よい大きさなのですが、いかせん初見演奏だとページをめくる回数が多い(4回)^^;
 練習録音の1分30秒あたりからの盛り上がりが、つたない演奏で弾いていても癒されます。これがオープンチューニングの魅力なのでしょうね!

2016年02月07日 録音
 岸部さんのお気に入り曲・弾いてみたい曲を、軽く練習して録音(ほぼ初見演奏)。いつか持ち歌にしたいな〜♪
スポンサーリンク
スポンサーリンク