Asian X.T.C.

 このX.T.C.という表記、「TANGO X.T.C.」という曲の時も気になっていましたが、やっと意味が分かりました。
 エクスタシー=恍惚・昇天・官能という意味だそうです。
 美しく官能的でポップなASIAをテーマにした壮大なコンセプトのソロ・アルバムです。CM曲も何曲か入っているのですが、正直聴いた覚えがないです、でもいい曲がいっぱい入っています。
 「 Welcome to Dongmakgo」という曲には、アコギギターの音がするのですが、これDEPAPEPEが弾いているんですね。

 このアルバムの陽Sideの曲、とても好みな曲調です。ジブリっぽいのかな。ピアノの楽譜が出版されているので、今はアレンジ技量が足りないけど買っておこうかな。「銀河鉄道の夜」みたいに廃版になると探すのが大変だし♪

 曲目紹介とプチ感想

  • Asian X.T.C.
     シタールと思う、ミョ~ウンミョ~オンという弦楽器の音が印象的な曲ですね。
     インドの世界へ^^
  • Welcome to Dongmakgol (オリジナル・バージョン:韓国映画「トンマッコルへようこそ」主題曲)
     トンマッコルとは「子供のように純粋な村」という意味。そこの村人は朝鮮戦争が起きてることなど露知らず平穏に暮らしていた。そんな村に、アメリカ、韓国、人民軍の兵士がやってきた。
     という内容ですが、映画の内容は良く分かりませんが、とても好きな曲です。メロディーが綺麗だな。
  • Venuses (カネボウ 「いち髪」 CMソング)
     どこかの国の子供達が歌い始めるイントロで、とっても明るい気分な曲です。
     この曲もシタールの響きが聞こえてきます。変った打楽器の音も、なんだろうな。
  • The Post Modern Life (オリジナル・バージョン:中国映画 「叔母さんのポストモダン生活」 主題曲)
     これ、もののけ姫の米良美一さんの唄の曲に似ていますね。
     楽器の音色が、The中国ですね^^
  • A Chinese Tall Story (オリジナル・バージョン:香港映画 「A Chinese Tall Story」 主題曲)
     少しづつ、ちょっとづつ、コツコツと成長していけるような曲ですね。
     これがソロギターで弾けたら、自分で自分を癒す事できるな~^^
  • Zai-Jian
     罪人? という意味なのかな。陽から陰への道しるべな曲かな。
     最初は後悔していたけど、くじけません、前に進みます。みたいな曲ですね。
  • Asian Crisis (NHK 「名曲の旅・世界遺産コンサート」 書き下ろし曲)
     イントロがホラー映画みたいですね。これ7分も曲があるのか。
     2分目あたりで、オバケに出会っています。30秒後正体発覚。3分目、事の経緯が判明。
     3:40あたりで急展開。4分すぎ、何故か明るいメロディが一瞬流れてきて、5分目にドラえもんがタイムマシーンで登場?
     正直、曲が長すぎて、よくわからないな~色んな曲が混ざっています^^
  • Hurly-Burly
     うん? 誰か後ろにいる? 気のせいかな? あっノラ犬が尻尾振ってついて来ている!
     ワンワン餌頂戴! ダメダメお母さんに怒られる! 優しい子供と、捨て犬奮闘記。
     という情景が浮かぶのは、俺だけかな^^
  • Monkey Forest
     お猿どこ、森のなか?
     なかなか姿見せないな~~。(ミニマル音楽?なのかな、個人的に好きな曲調でないな~。早送りしてしまった^^;)
  • Dawn of Asia
     アジアの夜明け。この曲もミニマル調が強い曲ですね。久石譲さんの原点?得意?な音楽手法ですが、個人的にはキラキラな星空や、神秘的なギリシャ風景とかなら好きなのですが、これ好きになれないな~
  • Woman ~Next Stage~ (レリアンCMソング)
     レリアンって名前は聞くけど、服屋さんとは知らなかったな~。
     天海祐希 レリアンCM / 旅立ち篇、白壁の街篇、ヨーロッパの街角篇
     「今日 レリアンを着た。」何本かYoutubeで見たけど、昔見たような見てないような・・・。
     このアルバムの中で、ボーナストラック扱いですが、陰の主役? 全然アジアっぽくない(CMはヨーロッパが舞台だし)ですが、いい曲ですね。

Asian X.T.C.

 CDの感想文をずら~と並べみました。コン太郎的なお勧めアルバムは、こちらの別の記事で紹介しています。
 久石譲さんのお薦め曲(ジブリや有名曲以外で)

 所持している久石譲さんの60枚程のアルバムの感想は、こちらにリストがあります。
 持っている久石譲さんのCD紹介

スポンサーリンク