爪の補強方法のコラム

グラスネイル

グラスネイル
 グラスネイルの利点は硬いことです。音も良いです。けど、値段が高い。ぶつけると割れるのが難点です。

GELIST

GELIST
 ジェリストの利点は簡単で、仕上がり綺麗な事です。カッターナイフで綺麗に剥がせるのもお気に入りです。

アラスカピック

アラスカピック
 アラスカピックは、その名の通りピックで弾いた時と音は同じです。ただ、買った状態では使いにくく、要加工が必要です。

カイナ

カイナ
 カイナの利点は、まずは安い値段です。そしてお手軽です。微妙な点は、乾きに時間かかる。洗い物仕事に向いて無いことでしょうか。

GUITAR NAIL PICK SET STRONG

GUITAR NAIL
 GUITAR NAIL PICK SET STRONGが正式名です。個人的にはグラスネイルの模倣品と感じました。値段なりの商品です。

指弾き・爪の手入れ方法

 ソロギターは基本的には指弾きです。プロの方は自爪の方もいますが、親指にサムピックを使用したり、フィンガーピックを使用したり、爪を伸ばして補強したりしています。
 自分の場合は、昔は爪を深爪気味に切った「肉弾き」でしたが、現在はジェリストで補強した「肉+爪弾き」です。
 南澤さんの入門書を見ると、プロギタリストはグラスネイルやカルジェルというのを使用しているそうです。
 カルジェルはネイル・サロンで施してもらうもので、敷居が少々高い(特に男性にとって)ですが、グラスネイルやジェリストの場合は、自分の家でのんびり施せます。

 なお、中川イサトさんは昔、ピンポン玉を適切な大きさに切り、伸ばした爪にアロンアルファで貼って補強していたそうです。
 この釣り用のアロンアルファを使用するという方も結構いるようです。

肉弾きの場合でも、メンテ大事です

 以前は、爪を使わない弾き方でした。でもその時も、爪の手入れはしていました。
 ま~手入れといっても伸びたら切るだけですが^^
 爪を当てない弾き方な場合、逆に1mmも爪が伸びると明らかに音が変わってきます。特に人指し指の爪が伸びると、やたらその指で弾いた弦が響きます。
 伸びてないときでも、人差し指と中指・薬指の音量の差があるのに、爪が伸びてくるとこの音量の差が大きくなって、音の質も変ってきます。

 肉弾きの利点は、お手軽で、とても清潔なことです。爪を伸ばすと、どうしても爪が汚れやすくて、毎日風呂場で爪ブラシでゴシゴシしないといけないですからね^^