交響組曲「アリオン」 SYMPHONIC SUITE ARION

 アニメ映画「アリオン」のテーマ曲、挿入歌、色んな場面のモチーフが使われている交響組曲です。
 なんていうか、いかにもクラシック音楽という感じです^^
 購入してから、二ヵ月程、ずっと車のCDプレーヤーの中に入っていました。それぐらい大好きな曲ですね。

 レスフィーナがハミングで歌うフレーズ(第二楽章の中盤)は、いつか必ず耳コピーするぞ~。

 曲目紹介とプチ感想

  • 第一章
     アリオンのメインテーマです。いかにもプロローグという感じです。
     これからどんな物語が待っているのか、ロープレゲームの電源を入れたワクワク感ですね、オープニングを見てニンマリするような^^
     物語の壮大さ、神秘さを感じる曲です。
  • 第二章
     前半と後半は、セネカとアリオンの鬼ごっこのシーンでモチーフが使われていますね。
     そして中盤は、ヒロインのレスフィーナがハミングで歌っているシーンですね。
     このハミングのモチーフが、カノンのように繰り替えされるのが、さすが久石譲さんだな。
  • 第三章
     前半は、ポセイドンの味方になったアリオンと、ポセイドンの軍隊が、アテネの部隊に突撃するシーンで流れてるモチーフですね。
     中盤以降は、どのモチーフか分かりませんが、戦闘後の野営での休憩シーンかな。
  • 第四章
     レスフィーナのテーマ曲です。久石譲さんの前期の頃のアルバムにも色々なアレンジで収録されていて、「アリオン」の中で一番有名なフレーズですね。
     いかにも久石譲さんらしい、心を鷲づかみするメロディです。
  • 第五章
     映画の、どのあたりで使われていたのか分かりませんが、「ドンドン進め~」「快進撃」みたいな情景が思い浮かぶ曲です。

  • 第六章
     イントロは、もの哀しい雰囲気ですが、直ぐに気分転換?
     最後は王者?らしく、気を引き締めて凱旋。
     そして、秩序と、平和と、そよ風が流れてくる・・・この心地よい風のフレーズが素敵です。
     最後は、メインテーマで締め。CD一枚を聴き終わると、想像していた物語もしっかりと完結します。

交響組曲「アリオン」

 CDの感想文をずら~と並べみました。コン太郎的なお勧めアルバムは、こちらの別の記事で紹介しています。
 久石譲さんのお薦め曲(ジブリや有名曲以外で)

 所持している久石譲さんの60枚程のアルバムの感想は、こちらにリストがあります。
 持っている久石譲さんのCD紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク