たなばたさま

ささのはさらさら~で始まる、七夕の歌です。
7月7日の初夏の歌ですね。梅雨真っ盛りでもありますが、晴れた夜空が眺めれるといいですね!
「きんぎんすなご」というのは、金や銀のキラキラ(砂粒のような)がついた短冊のことだそうです。
調べないとわからない日本語ですね。

今回は七夕の当日に思い立って、2時間ほどでアレンジ、演奏録音して、この記事を書いています。
イントロとかエンディングは時間がないので省きましたが、シンプルにまとまった感じはあります。

アレンジ的には、コード進行にFmやらGsus4とかを入れてみました。
でも、童謡はなんとなくCFGのみで弾くのが、やっぱり安定かなとは思います。
なお、カポ3で演奏しています。

実際の演奏では最後のGsus4とG7の繋がりがスムースに弾けないこともあり、最後のGは、6弦ルートを弾かずに、3弦開放、2弦3フレット、1弦開放にしたところ、こっちのが響き的に綺麗かな。(PDFファイルは変更済)

でも、数十回の練習では、結局なんか妥協したような、演奏録音となってしましました。
C7の事忘れていたし。
シンプルな曲を綺麗に弾くのは難しいですね。


PDFファイルはこちら こいのぼり