「かぐや姫の物語」サントラ

 2013年秋、公開のジブリアニメ高畑勲監督の「かぐや姫の物語」のサントラの紹介用のページです。
 「火垂るの墓」「ホーホケキョ となりの山田くん」の高畑監督が製作。

 映画館で見てきましたが、いい意味で100%「竹取物語」、悪い意味でオリジナル要素ない映画&見終わると気が沈むタイプです^^;
 ただし、アニメ映画としては、日本が誇れる出来栄え。登場人物の感情、田舎の景色の美しさ、凄い表現力です。ただし、バッドエンド・・・。喜怒哀楽、田舎と都、世間体、光と闇、そんな地上界が素晴らしい!! なのに、翁老夫婦が泣きじゃくりながら、結局かぐや姫が月に帰る・・・><;

 さて収録曲は、主に3つのモチーフの編曲が多いです。心が折れそうなかぐや姫のモチーフと、心が弾むかぐや姫のモチーフに、心が折れたかぐや姫のモチーフの3種類ですね。
 あっ空気が読めていないお釈迦様の登場シーンの曲は別モチーフですね^^
 二階堂和美「いのちの記憶」は、なんとまあ、心優しい唄です。

 サントラだと場面に合わせた編曲で、尻しぼみで物足りない感じです。交響曲「かぐや姫の物語」のタイトルで、4曲にまとめてもらえると、ぜひぜひ聴いてみたいな。

 曲目紹介とプチ感想

     入っている曲数が多いので、ざっくりモチーフ別に紹介^^

  • 心が折れそうな、かぐや姫のモチーフ
     トラック3の「小さき姫」12の「なよたけ」、33の「月」はピアノ。23の「蜩の夜」はピアノではなくて古琴です。
     トラック25の「悲しみ」も含まれるかな。
     ピアノのイントロが特徴的な、優しげでもあり繊細な心も感じれる曲です。
  • 心が弾む、かぐや姫のモチーフ
     トラック4の「生きる喜び」と6の「タケノコと19の「春のワルツ」、28の「帰郷」
     トラック5の「芽生え」と7の「生命」、14の「生命の庭」に29の「飛翔」がそれぞれ似ているかな。
     こちらは笛系楽器のイントロが特徴的な、のびのびとした心が感じれる曲です。
  • 心が折れた、かぐや姫のモチーフ
     トラック10の「旅たち」、15の「宴」、26の「運命」、16の「絶望」も含まれるかな。
     トラック27の「月の都」はこちらかな?
     こちらは聴くだけで、気が沈みます。「宴」ですがまさに、壁の花状態。
     最近の久石譲さんの曲はこの手の曲調がおおいんだよな~。
  • 空気読めていないお釈迦様の登場曲
     トラック30、32の「天人の音楽1,2」
     個人的には、これにもう少しキャッチなメロディーをつけてもらえると、久石譲さんのお気に入りベスト10に入りそうです^^
     久石譲さんの、明るいミニマム曲は、すごい久々な気がします。もっとこっち路線の作曲をして欲しいな~!
  • 色んなモチーフが複合!?
     トラック1の「はじまり」は、「心が折れそうな、かぐや姫のモチーフ」と「わらべ唄のモチーフ」が混ざっている・・・よね。
     まさにタイトルにふさわしい^^
     トラック33の「月」も同じでした。まさに最後にふさわしい♪
  • 高畑勲監督作曲?
     トラック36の「わらべ唄」、35の「琴の調べ」、同じモチーフですが、「琴の調べ」は古典なのかな?
  • いのちの記憶
     トラック34の「いのちの記憶」
     二階堂和美さんの作詞、作曲です。歌詞がどんピシャリに映画に合っていています。
     そして、心に響く。
  • 効果音!?
     映画のサントラなので、効果音のような曲も入っています。
     トラック2の「光り」は光る竹の子。トラック9の「衣」は心が弾むかぐや姫のモチーフだけど、怪しげに光る財宝の竹が! 24の「月の不思議」も似ているかな。
     トラック8の「山里」と13の「手習い」、17の「春のめぐり」は、夜になると綺麗な星が見えそうな田舎風景。20の「里への想い」はこれが暗い曲調になったものかな。
     トラック11の「秋の実り」は、なんていうのかな、秋晴れ?
     トラック16の「絶望」、最近の久石譲さんが得意?な絶望系不協和音満載な曲です。
     トラック18の「美しき琴の調べ」、これはどのモチーフなのかな?
     トラック21の「高貴なお方の狂騒曲」、日本の伝統楽器の明るいアレンジ^^
     トラック22の「真心」、やさしいアルペジオですね。
     

「かぐや姫の物語」ポスター画像

 CDの感想文をずら~と並べみました。コン太郎的なお勧めアルバムは、こちらの別の記事で紹介しています。
 久石譲さんのお薦め曲(ジブリや有名曲以外で)

 所持している久石譲さんの60枚程のアルバムの感想は、こちらにリストがあります。
 持っている久石譲さんのCD紹介

スポンサーリンク