さよならの夏〜コクリコ坂から〜

 曲の紹介

 2011年に公開されたスタジオジブリ映画「コクリコ坂から」の主題歌です。
 手嶌葵さんが歌う、心温まる歌です。綺麗な声ですよね、ゲド戦記の「テルーの唄」もそうですが、こうゆう響きとてもジブリっぽいです^^

 難易度A:今作のしらべ11は、映画篇と比べたら、比較的難易度が易しくなった気がします(ポニョが同じ難易度Aだからね〜^^; あれはCだよ!)。
 少しリピート記号が多くて、パッ見た感じでは、次どこに行くのか分からなくなりますが、これは弾き込めば問題ないかな。
 ただ、カポ7は慣れないと、演奏も音も違和感を感じますね。音の違和感は悪い意味ではないですよ〜、いつものギターの音ではなくて、オルゴールみたいです^^

 練習の記録(2013年02月24日)

 そろそろ自己満足で弾けるようになってきたので動画を録りました。
 今回も、相当な回数録り直してます^^;
 数ヶ月練習しても、妙にひっかかりが生じたり、音の強弱が変になったりで、綺麗に弾くのは難しい><;

 アルアイレとアポヤンド奏法を、意識して弾いてみましたが、アポヤンドする時にリズムが狂いやすいです;;
 それでも以前よりは、S92の音の強弱の幅は増えたかな〜^^

 あと、先月の動画の音と比較すると、やっぱS92の音いいな〜♪ ギターシンセのモデリングの音も自然だな〜と感じてたけど、やっぱ本物はもっと自然な響きだ!

 練習の記録(2013年01月19日)

 クリスマスソングの練習も終えて、この曲の練習を再開しました。
 暗譜がひととおりできたので、録音しました。

 練習の記録(2011年12月08日)

 このしらべ11邦楽篇の販売日は12日のはずですが、販売元のリットーミュージックのホームページから直(impressDirect)で予約したら、もう届きました^^
 さっそく、このページを開いて、かるく練習、そして録音!
 この曲から弾いた理由は、この「さよならの夏」と次のページの「アリエッティソング」は、自分でもアレンジしていたからです。
 自分のアレンジと、南澤さんのアレンジの傾向の違いというのを体験?したかったからですね。

 カポ7なんて、思いつかなかったな〜。メロディラインが4弦まで下がった時の、ベースの伴奏の組み方・・・これが、マスターできればな〜。
 何よりも、自分のアレンジは、伴奏を詰め込み過ぎているな。必要な音だけ最小限に入れるだけでも、南澤さんのアレンジは、綺麗に聞こえます。
 う〜ん、アレンジは奥が深いです。

 さて、録音しましたが、これが初見楽譜で演奏した時の、コン太郎の実力です!
 練習時間、およそ10分、
 以前、自分でもアレンジして弾いていたので、リズム的にはあまり狂わないですが、高フレットの運指や、リピート記号で無茶ツマヅキます^^;

 いい曲だよな〜ジブリ最高!