PRETENDER(プリテンダー)

 あの久石譲さんが、歌っている不思議なCD第2弾です。今回は、歌詞(宇多田ヒカルのお父さんが提供)が英語になって、さらにレアな輝きを持っています^^
 久石譲さんの歌声って、いかにも昭和な歌手な感じです。悪くないけど、パンチがないというか、居酒屋でシンミリと流れてそうな感じです。
 (偉大な音楽家に対して失礼な発言かな~^^; 曲自体は、聞けば聞くほど、昔から知っているような感じになって、親しみやすいですよ。)
 プリテンダーとは、自分を偽る人、本当の気持ちを隠す人、みせかけ・ふりをする人、という意味かな。
 哀愁ただよう曲が多いですが、四つ打ちのリズムも多いので、車のBGMにいいかも^^

 一番最後の「VIEW OF SILENCE」は他と違ってピアノ主体の曲ですが、やはり久石譲さんは、インストだよな~と思うほどに、自分の中では大のお気に入りです。

 曲目紹介とプチ感想

  • MEET ME TONIGHT
     今夜待ち合わせして、二人でどこか行こうよ。と誘いをかける前の男の恋心?を歌った曲です。
     淡い恋心は、咲き乱れるかな~、電話の先でOK貰えたらうれしいな~と、会う約束を頑張ってとらなきゃと聞こえてくるような^^
  • TRUE SOMBODY
     イントロが変っていますね。歌詞は、彼女の考えが素なのか、演じているのか分からないけど、僕は彼女を信じるよ、みたいな感じです。
     久石譲さんの、ボーカル物の中では、ノリがいい方かな。洋画のドライブシーンで、カーステから流れてそうです。
  • WONDER CITY
     タイトルが久石譲さんの事務所同じ名前だけど、お気に入りなのかな~^^
     悪の街から抜け出すために、ポリに捕まったけど、イカした新天地は目の前だ~。ナレーション(ラップ?)入り、湧き上がる希望もいっぱい。
  • HOLLY’S ISLAND
     この曲は、ボーカル無しです。夜の繁華街みたいなイメージです。
     個人的に、ルパン3世で使われてそうなイメージです。イメージが、タイトルとかけ離れていますが^^
  • MARIA
     イントロが、昼ドラ一直線です。なんとか殺人事件が起きそうな感じです。
     と、歌詞の和訳を読んでみたら、納得^^ この後、カミソリが畳みに突き刺さるかも!
  • MIDNIGHT CRUISING
     この曲は、ボーカル無しです。そして同じように、ルパン3世で使われてそうなイメージです。
     何か悪巧みを考えて、ドライビングしているような、助手席の彼女も共犯で! 今後の展開はいかに・・・
  • ALL DAY PRETENDER
     イントロがノリノリ^^ かっこいい。自分に正直に生きようと。
     この曲は、今風に歌う歌手が日本語でアレンジすると、絶対ヒットすると思うな~。
  • MANHATTAN STORY
     何故だろう、このアルバムのインスト曲は、どれもルパン3世っぽい^^
     ルパンが運転する車のカーステから流れてそうだし、富士子のテーマソングみたい。
  • VIEW OF SILENCE
     ピアノ曲です。メロディーが素晴らしです。まさに久石譲ここにあり、みたいな曲です。
     この曲は、将来ソロギターにアレンジしたいな~。

PRETENDER

 CDの感想文をずら~と並べみました。コン太郎的なお勧めアルバムは、こちらの別の記事で紹介しています。
 久石譲さんのお薦め曲(ジブリや有名曲以外で)

 所持している久石譲さんの60枚程のアルバムの感想は、こちらにリストがあります。
 持っている久石譲さんのCD紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク