ストーン・フリー

 曲の紹介

 孤高のギタリスト、ジミ・ヘンドリックスの初期の名曲です(だそうです)。
 この手の曲、ホント疎いので、名曲と言われても・・・Youtubeで原曲を聴きましたが、白黒テレビのアメリカドラマに流れてそうなイメージな曲かな。
 洋楽って、タイトルの名前がそのままサビの歌詞となっているのが多いな〜と、逆に気に入った曲のタイトルが分からないときは、サビの歌詞で曲名が分かるのかな・・・と、感想^^

 難易度C:初見で弾いてみた感想、ミュートカッティング奏法難しい><;
 というか、普段ジブリ系のソロギターの練習では、まず出てこないリズム、奏法・・・。
 いきなりつまづくのが2小節目、ハンマリングが開放弦だけど、これはナット付近をハンマリングして、スライドさせて2フレットなのかな〜、説明がないので不明^^;;
 難易度的には、ロックギターに親しみがある人にはとっつきやすいかも、自分みたいにいきなりアコギ=ソロギターで始めたタイプには、異次元な世界かも^^

 練習の軌跡(2015年2月8日)

 今月は、至高のスタンダード篇を毎日一曲、記事を書こうと目標を立ています。
 で、3日目の3目ですが、見事に三日坊主^^;
 理由は明白・・・、弾く意欲が沸かないから^^;;
 昨日仕事帰りに、原曲をYoutubeで確認したり、南澤先生のお手本演奏を聴いたりしたのですが、実際の練習はナッシング!
 別に原曲が聴くに耐えれないとか、アレンジが変とかでなく、ただ単に別にコレ弾けるようになりたいと思わないに、仕事帰りのダルさが加わって、寝てしまいました。
 ということで、今日は日曜日でノンビリ中なので、軽く練習。次の「哀愁のヨーロッパ」を少し多めに練習する予定^^
 ミュートカッティング奏法は、ホント苦手です。

 2015年02月08日 ストーン・フリー 初見演奏 3分ぐらいの練習^^;
練習曲と割り切れば、練習してもいいけど・・・好みの曲で無いので多分練習しない^^;;