You tube投稿方法

 このページは、実際にYou tube投稿する前に白紙で用意していました。実際に投稿してみると、まったく難しい知識は必要ありませんでした^^
 以前は、専用の動画形式?に自分で変換してからアップロードしたり、一つのファイルに容量の制限があったような気がして、敷居が高そうなイメージでした。しかし、現在はほとんど動画形式のアップロードに対応しており、エンコードはYou tube側で行っているみたいです。また1ファイルの容量も制限されていますが、このサイト程度の動画容量(だいたい大きくて10MB)だと超余裕です^^
 なので、あっさりと説明しますね。

 はじめにやる事

 You tubeのアカウントを取得します。プロフィールを書きましょう!

 動画の投稿

 画面上にアップロードというタグがあると思います。そこから指示されたとおりに、進めばなんとか投稿できるはずです^^

 You tubeの用語

 実際始めてみて、分かりにくかったのは「チャンネル」という概念でした。このチャンネルとは、各個人のブログ?みたいなものなのですが、最初の頃は意味不明でしたね。今でも壁紙の設定方法とか、いまいち分かりません^^;
 あと、やたらと外人さんがコメントもなく、「友達に招待」してくるのですが、これはみんなどういった対応をしているのかな~。一応ギターやっている外人さんなら承認するのですが、ソロギターと関係ない方(外人さん)の申請は、現在の所すべて無視しています。だって、英語しゃべれないし、辞書ないと書くこともできないからね^^
 なお「登録チャンネル」も自分は受身の姿勢です。自分からどんどん、似たようなソロギターやギターのチャンネルへ、コメントやチャンネル登録していくと、輪は広がりますが、何かメンドクサくなるんですよね^^; 一番最初に開設したブログは、コメントの返信で疲れてしまいましたからね~。
 もちろん、自分のチャンネルが登録されると、とてもうれしいし、登録してくれた方がギター関連のチャンネルでしたら、こちらも登録します。知らない間に輪が広がっていくのが、ちょっとした楽しみです。

 You tubeの嫌いな所

 「評価しない」という項目、不要じゃない? せめて何で評価しないのかコメントつけて欲しいですね。
 そんなの気にしなきゃいいんだけど、どうも気になるんです。
 でも、ニコニコ動画みたいに、ストレートに下手糞だ、顔写すな~とかと書かれると、やはり凹みますが^^

スポンサーリンク