GSX125-Sで立ちごけ

 今年初ツーリングに行ってきました。
 場所は知多半島の師崎方面です。

でもって立ちごけしました

 師崎の港や、ツーリングの目的地のごんぎつねの湯を出発して、知多半島産業道路を迂回中にやってしましました。
 GSX125は125㏄のため、自動車専用道路の産業道路が走れないので、旧国道を走っていました。名古屋市港区のバイクワールドに向かっている最中に、先頭の連れのバイクが道の確認のために路肩に止まったので、こちらも停止。

 一度停止して、もう少し左に寄せようと、シートにまたがってつま先でピコピコ動かそうと思ったら、

 あれ?

 あれ?

 アレれ・・・。

 パタン!

 足の踏ん張りがまったく効かずに立ちごけしてしましました^^;

何かわからんけど倒れた

 パタンと倒れて、起こした後も、

 なんで、今倒れたんだろう??
 
 と、自問自答しても分からないような立ちごけをしました。

 若干の下り坂だったのと、温泉に入って頭が少しのぼせていたのか・・・。

 あれ~、なんかバランスがおかしいな、あれ~すごい左側に傾いてきたと思ったときには、既にリカバリーできない状態でハンドルが動いて、アクセルフルスロットル!

 「なんで、こんな所で倒れるんだ?」と前にいた連れに言われて、「よく分からんけど倒れた」としか言えなかった^^;;

とりあえず、被害は最小限

 ミラーがたわんで、鏡が外れたり、一部破損&傷物になったけど、他は目立たない程度の傷ですみました。
 少しデカールのシールに傷が入りましたが、凹みや、クラッチレバーの折れはなかったので、ま~無事な方でしょう。

 踏ん張りながらスローモーションのように倒れましたが、やっぱりバイクはコケるとあちらこちらが傷まみれになりますね><;
 半年点検の際にミラーは純正部品で交換しようかな。値段次第ですが、左だけで5、6千円するなら、社外品を購入しようかな・・・。

 連れから購入した中古バイクですが、納車数か月の新車ピカピカバイクでしたので、「へーき、平気」と強がってもやっぱり、悲しい。
 今日出かける前に洗車して磨いたのにな~。  

無理やり原因を考える

 いままで原付のJAZZを乗っていて、足つきベタベタでしたので立ちごけとは無縁でした。
 一度止まって、少し路肩に寄せようと思って立ちごけしたのですが、原因を自分なりに考えてみると、

 ・足を付いたところが凹んでいた。
 ・足を付いたら滑った。

 のパターンではないです。そのようなヒヤリハットのような冷や汗がまったくでませんでしたので、これはパス。

 ・若干の下り坂だった。
 ・温泉上がりで少しのぼせていた。
 ・ツーリングの後半でボーとしてた。
 ・足でツンツン動かすときに、後ろ側で突いていたかも。

 ・もしかしたら、ボーとして、左足がステップに乗っていた??

 ぐらいかな。
 普段の信号停止で立ちごけしそうになることは皆無ですし、片足だけならベタ足で固定できるし、余程の横風に煽られなければ立ちごけなんかしないだろうと思っていました。
 停止中に足の運動を兼ねて、左ベタ足、右ベタ足と交互にバイクを意図的に倒しても、おっとヤバいとかにならないのに、ま~なんだかショックな出来事でした。

 特に眠気とかはなかったのですが、今回の件はちょっと気を引き締めないといけないな~。

 体感的に、あれ? バランス悪いな~ あれ? 安定しないな~、やべ~踏ん張れ~バタン!
 でしたので、ボ~としていたのは確かでしょう。

 ほんの少しの下り坂でしたが、JAZZと同じようにつま先でツンツンと動かしたのも原因でしょうかね。
 バランス悪いな~と感じた際に、片足をベタ付けしないといけませんでしたね。

 とまあ、2度と立ちごけはしないぞ!!
 と肝に銘じておきます。

GSX125-S
 ツーリングは太陽がサンサンで、気持ちいい天候でした。
 連れが400ccで飛ばすタイプですので、幹線道路を置いて行かれない様に走りましたが、ジェットヘルメットですと80、90km出すと怖いですね。

 シールドの隙間風で目は乾くし、風の風圧でヘルメットが脱げるような感覚になるし、なによりもシールドの風切り音やガタガタ音が煩い。
 ショウエイのシステムヘルメット(アゴ部分が開くフルフェイス)が欲しいけど、超高い!!

 夏のボーナスで買いたいな~。

スポンサーリンク