愛知県 武豊緑地(ファイザー前) 2018年6月 小サバ&五目釣り

 先日の土曜日、会社の釣り仲間と、武豊緑地でサビキ釣りをしてきました。

 前日の夜から雷付きで雨が降っている中、午前4時前に釣り場に到着。
 まだ雨が止み終わってない中、場所取り(誰もいないけど)をして、10分ほど雨宿りしたら、雨が止みました。
 それ以降、雨が降りませんでしたので、天候的にはまずまず。

 とはいえ、雨が結構降ったためか、濁り気味&低活性

 事前の情報では爆釣中との事でしたが、飽きない程度に釣れるぐらいでした。

 会社の先輩、後輩は、サビキと投げ釣りの2本立て、ギマも狙っていましたが、投げの方は全く反応無し・・・。
 サビキは、ちょいちょい釣れて、男4人が晩御飯にムシャムシャ食べても、朝ご飯用の煮つけ分が残るぐらいでしたので、結構楽しい釣りでした。

 僕は、サビキ籠を使わないジグヘッドサビキでのんびりやっていましたが、タナやアクションの緩急の答え?が合わず、10匹ぐらいしか釣っていません。
 回収するときの水面直下のリフトでリアクション的に釣れるかと思えば、着底後の放置でも釣れる。けど、トータル的にはあまり動かさずに、潮の流れに漂わせるほうのが食いがよかったです。サビキの下側にしか掛からなかったので、やっぱり低活性でしょうね。

 雨上がりのため、日が昇ってきたら、風が強くなってきましたので、サビキは終了。
 基本的にバスタックでの海釣りは、岸壁が高いので、風が吹くとまったくノーな感じになります。

 今度海釣り行くときは、5m程の延べ竿を購入しようかなと思いました。

 で、会社の先輩が青イソメ使っていいよと、餌をゲットしましたので、チョイ投げで五目釣りしました。

 小さいカレイが6匹
 小さいハゼが数匹
 小さいセイゴが1匹

 そして、海底で小サバが1匹釣れました。やっぱり活性が低いというか、タナが深めなのでしょうかね。

 小さいカレイやハゼは、個人的にはすべてリリースサイズと思っていましたが、小さいカレイ美味しいからキープしてとのことで、釣った魚はすべて先輩のクーラーボックスへ!

小サバ料理

 釣った魚はすべて美味しく頂きました。

 小サバは南蛮漬けと唐揚げ、煮つけとなりました。
 小カレイは、確かに小ハゼや小セイゴと比べると、海の魚の味がして美味しいです。

 大きなコロッケや、メンマは、帰り道の「肉のびっくり市」で購入。
 ここの味付けメンマとチャーシューは絶品です。

 そしてBIGカレー弁当、値段の割に美味しいです!

スポンサーリンク