楽譜作成ソフト PrintMusic 2011 Finale フィナーレ簡易版

 ピアノ譜からのソロギターアレンジの手助けと、このサイト上で見やすい楽譜を掲載できればと思い、購入しました。
 正直結構高いので、ニンテンドー3DSを買うか、これを買うか悩みましたが、こっちにして正解でした^^
 まだ、購入後2日目で、機能を使いこなせていませんが、ソロギターのTAB譜作成の役に立ちそうな情報が見つかれば、記事を更新していきます。

 簡単な紹介

 ソロギター好きなコン太郎が、この商品で、初めて楽譜を作る際に感じたことです。

 ・無料のTAB譜作成ソフト「PowerTabEditorパワータブエディター」と違って、日本語対応です^^
 ・もちろん、ヘルプも日本語です。
 ・PowerTabEditorと違って、音符等の入力作業がとても楽です。かゆい所に手が届いています。
 ・楽譜のレイアウトが調整しやすいです。
 ・一度五線譜を打ち込んだ後は、移調作業が一瞬で終わる!
 ・ソフトシンセの音が思ったより使える。
 ・もっと、前から購入すればよかったな~。1万5千円程でしたが、値段以上の充実感に浸っています^^

 お気に入りの機能

 市販のソロピアノ譜を参考に、メロディーラインと、簡単なコードネーム付けをした五線譜を作成すると、移調作業が数クリックでできます。
 ピアノ譜は、調号がやたら付いている楽譜が多くて、それをCメジャーやGメジャー、Dメジャー等のギターで弾きやすい調に移調する作業が手間でしたが、ほぼ開放されました。
 今まで、この作業が手作業で、CDEFGABが並んだ表を睨めっこして、数時間かかっていたのが1秒です。#入るのか、♭なのか、悩む必要が無くなりました。
 コードネームを前もって入れておけば、コードネームもそれに合わせて変換されます。
 この機能だけで、自分的には1万円の価値あります^^

 もう一つのお気に入り機能は、楽譜の画像(JPEG)化ですね。全体はもちろん、選択範囲でできます。
 まだ使用してないけど、ダイアグラムも表示できるみたいなので、サイトでの楽譜を使った紹介で威力発揮できそうです。

 現在の問題点、解らない点

 「ソロギターのしらべ」の著者の南澤さんは、上位版のFinaleを使っているとブログで読みましたが、「ソロギターのしらべ」のようなTAB譜、五線譜が作れません。
 TAB譜の音符の旗、なぜ数字から生えているのかな。テンプレートだと、リズム譜のようなものが枠外に一直線に並ぶだけなのですが^^?
 そして、ハーモニクスのひし形の数字入りの音符。これも表示できないです。
 レイアーを分けて使うのかなと思って、使用してないレイアーの設定を触ると、全部のレイアーが変化してしまうし・・・。う~ん、解らない。

 機会があったら、南澤さんに教えてもらおうかな~。

まとめ

 ソロギターアレンジする人は、買って損は無いです!

楽譜作成ソフト PrintMusic 2011 Finale フィナーレ簡易版
スポンサーリンク