亀崎ハゼ釣り(海浜緑地)2019年8月12日

 盆休みの初頭は、亀崎にハゼ釣りに行ってきました。
 「盆休みに、水遊びしたらいかん!」とよく親に言われていましたが、盆休みに遊ばなきゃいつ遊ぶのだ~とも思う。
 水難事故には合わないように!

今年2回目の亀崎港

 今回は、前回のメンバー+1人+ちょい参加2人でハゼ釣り。お子様は、お気軽にファミリーフィッシングで、夏休みを堪能です。

 潮的には、中潮?(満月の4日前あたり)で、満潮が到着前の3時10分程。干潮が朝10時10分程。
 とまあ、潮的には、前回と同じく、朝4時ぐらいからスタートすると、どんどん潮位が下がって釣りにくくなるタイミングでした。
 
 朝4時ごろに亀崎に到着したところ、あまり釣り人姿なし。
 先週様子を見に竿を出した釣り仲間が言うには、調子はよろしくないとのこと。

 釣りとは関係ない若者のグループが、今日も元気に花火をしていた。
 あの年頃は、確かに花火やカラオケが妙に楽しかったな~。

延べ竿だと厳しめ

 今回も砂浜の堰堤で釣りをしましたが、目の前の岩付近では今一歩釣れていませんでした。
 投げたら、着底するまえに一匹釣れるような、爆釣タイムは発生しませんでした。
 
 釣れるときはちょっと放置で釣れるけど、釣れないとルアー釣りのようにアクションが必要でした。
 私はいつものバスロッドで釣りをしていたので、飽きない程度に釣れましたが、

 延べ竿組は、群れのスポットが外れると、かなりノーな感じになっていました。
 沖側の沈み岩とかのピンスポットにハゼが群れている状態でした。

虫餌でのミドスト

 私の釣りのスタイルは、バス釣りも海釣りも基本はミッドストローリングです。
 ぼ~と待つ釣りはあまり好きでないです。餌釣りでも、ワームと同じように動かすことが多いかな。

 海釣り(ハゼ釣り)の場合は、かなり遅めで底ズリ引きなイメージですが、ラインをピーンと張らずに、S字とかサインコサインを意識したラインの張りで超スローな巻取りです。
 アタリの合わせは、このサインコサイン状態のラインが、ピーンと張った時に、軽くフッキングさせるイメージ。
 (とはいえ、ハゼなので、合わせと同時に、水面に飛び出ることも多々ありますが)
 
 この釣りで今日は面白いように釣れました。釣った数的には60~70匹(朝4時から9時ぐらい)で、入れ食い程ではありませんが、誘って釣るというのを堪能。

ハゼ釣り

夜はハゼパーティ

 でもって、夜はハゼパーティ。お酒付きの人は、こっちがメインですが、私は食べる専門なので、

 またまた、太ってしまった^^;

スポンサーリンク