猛暑のPC20キャブのセッティング、調整。

 とても久々にブログ記事投稿!
 ソロギターはぼちぼちとラピュタの曲を練習しているし、ナウシカの曲や、岸部眞明さんの曲を忘れない程度には練習しています。

 というか、暑い!!
 連日、愛知県は39℃の最高気温です^^;

 暑さと、仕事の忙しさと、睡眠障害なのか頭が痛いのか、体調は絶不調です><;

猛暑で調子が悪いキャブの燃調調整

 持ち主に似て、最近バイクも調子がガタガタです・・・。
 
 二度マフラーが根元で折れる。
 エアクリを落下させて、紛失。
 タンクキャップのキーシンダー蓋?がクルクル回って閉まらない。
 エンジンマウントのボルトが緩んでいた!

 とまあ、エンジンを固定しているネジが緩んでいたので、至る所が振動で壊れたり、部品が落下していました。

新しいエアクリと燃調

 エアクリを道端に落として紛失したので、傘付の小ぶりなエアクリを取り付けました。
 そしたら、どうも燃調がおかしい。

 ・長い直線道路から、減速しての信号機停止時に、まれにエンスト。
 ・スロットちょいひねりの、3000~4000回転域での巡行でギクシャク。

 バイク屋さんにアドバイスを聞くと、「エアクリが小さくなって、空気が減る、燃料が濃くなっているかも。」

 ところが、ニードルのクリップを上にずらして、燃料を減らしたら、症状が悪化!?

 う~ん? 難しい。

メインジェットを交換してみる

 ニードルの調整か、メインジェットの交換でも、低中速域のフィーリングは変わるよといわれていたので、メインジェットも交換しました。
猛暑のPC20キャブ
 
 ついていたジェットは95番。100番に変更。
 低中速の巡行でのもたつき無し。最高速84km。

 105番に変更。
 低中速の巡行でのもたつき無し。最高速78km。
 伸びない。7000回転まで悪くないけど、最高速伸びない。

 98番に変更。
 低中速の巡行でのもたつきあり。最高速86km。
 最高速の伸び感あり。

 う~ん、やっぱ98~95ぐらいかな。
 88、90、92のジェットがなくて、85だと薄すぎて取り換えが怖いので、ジェットを発注。

 でも、95の時点で、プラグが白いのが気になるし、エンジンがチリチリいってオーバーヒート気味なので、悩みどころ。
 とりあえず98番に決定。

スロージェットを交換してみる

 ボアアップした時点のPC20についていたのは38番。
 調整前は40番。

 減速時のエンスト、低回転時の巡航のモタツキ、原因が今一分からないので、38番に戻してみる。

 あまり変化なし。

ニードルのクリップ位置の変更

 今日の調整前は3段目から2段目に下げて調子よくなっていました。
 まだモタツキ感があったので、さらに下げて1段目にしたら、明らかにパワーダウン。

 まったく、調整が難しい。

 なので、結局2段目から、真ん中の3段目に戻したら、スタートの加速感、力づよさがアップ!!

 でも、低速(30~40kmあたり)の一定速の巡航で、どうも調子が悪い。
 かぶっているのか、燃料が切れてるのか・・・どうにも分からない^^;;

 ま~、スタートダッシュから60kmまでの加速では、まったく問題ないので、今日の調整はここまで。

マイJAZZのスペック

 メモのために、過去記事の文を編集。

・JUNエンジンで96CC(ロングストローククランク(49.5mm)+ビックフィンの組み合わせ)
・一度ピストンの首振り?が発生したため、何かの原付スクーターの純正ピストンヘッドに取り換え。
・5速マニュアル、PC20、マフラーは水元マフラーのワンオフ、エアクリはフィルター付き(雨よけあり)
・スプロケットは前が15で後ろは43(純正)。
・PC20はニードルは中段。メインジェットが95、サブジェット38、PC20はJUNのスペシャル仕様。

・最高速度は・・・平地で5速9000回転、時速85km程でじり貧。長い下りなら90kmは出るけど、JAZZだと怖い!!

・マフラーに消音用のサイレンサーを付けているから、最高速が伸びないと思います。

スポンサーリンク