2018年12月23日 師崎港新堤(アイナメ、でかキス、手長タコ!)

海釣り師崎

 2018年の釣り収めを、会社の先輩と行ってきました。
 なんと、ここ最近覚えがないほどの好釣果!!

師崎新港(新堤)と時合等々

 フェリー乗り場ではなく、片名漁港の隣の漁港です。
 沖側のテトラをメインに夕まずめ、夜釣りをしました。

 満月の大潮の4日目。満潮夕方6時。潮位190㎝。
 当日の最低気温約6℃、最高気温10℃程。
 前日午前中雨、午後曇り。当日朝弱雨、昼曇り、釣り中たまにポツポツ雨。
 風ほとんどない。水面穏やか。

開始早々 デカカソゴ

 なんと早々に、会社の先輩が食べ応えのあるカサゴを釣り上げました。
 餌はゴールドイソメという、赤黄色っぽいイソメです。

 玉網を持ってこない時に大物がかかるのは毎度のことですが、無事にクーラーボックスへ!

そして20cmのアイナメ

 その流れで、私のチョイ投げバスロッドにも、いい弾きの魚がノリまして、なんと一匹目がアイナメ。
 釣れたらうれしいな~と思っていた本命がいきなり釣れたので、もう釣れなくても満足な気分に^^

 仕掛けは、バスロッドに3ポンドのフロロ。小さな寄り戻しに、1ポンドハリスの8号ハゼ針を垂らし10cm程。ハゼ針とより戻しの間に、少し重めの噛み潰しを誘導風に取り付け。

 餌は、同じくゴールドイソメ。こいつ前回の釣りでも使いましたが、超万能だな。

ジグヘッドサビキでメバル

 テトラの上なので暗くなると仕掛け作りが大変なので、明るいうちにジグヘッドサビキを準備。
 サビキ部分を3本針仕様にして、遠投用にアジングに使う2g程のジグヘッド装着。
 なおサビキのタル管とか、スナップは切り落として、フロロラインに電車結び。

 これも一投目に、小さなメバルが釣れたので、投げ倒すゾ!と頑張ってテトラの下側に降りて数投目、

 船の引き波で靴が濡れるわ~と手元をおろそかにしたら、根がかりして終了^^;
 これは結構ショックでしたわ。予備のサビキもってなかったので・・・。

暗くなったので、港内側をテクトロ

 歳のせいか、ずっとテトラの上だと怖いので、歩きやすい護岸側をジグヘッドでテクトロ。
 ワームは、10年?以上も臭い液に浸かっているボトル入りのスクリュウーワーム(ガルブ)のグローカラー。液に浸かりすぎて茶色っぽいです。
 
 テクトロ開始早々、10cm級のメバルゲット。
 
 そして、護岸の曲がり角なので、一度チョイ投げしたら、なんと

 ジグヘッドでタコが釣れた!!

 口ではなく、足に針が刺さっていましたが・・・これどうしようと悩み先輩に電話。

 「タコ釣れたけど、食べます?」
 「食べるよ~」

 タコ触るのが怖いので、なんとか本体触らず水バケツに入れて、テトラにカムバック。
タコ

護岸沿いはアタリがあるけど、今一歩

 その後も先端までテクトロしたけど、小さな当たり数回のみ。先端でミニプラグを投げたりしましたが、反応なし。
 帰りは、生エサのテクトロをしましたが、こちらも小さなアタリのみで、フッキングせず。

テトラからチョイ投げで、得体の知れない魚が釣れた

 テトラ帯に戻って、再び生エサのゴールドイソメをチョイ投げ。
 
 明らかにテトラ側のがアタリが多い。
 ほぼ一回投げれば、一アタリはある感じ。夕方と違ってフグのエサ取りが無くなったので、なんとも楽しい釣りタイム。

 ボツボツとカサゴやメバルを追加できるけど、夜のテトラ&ヘッドライトの不調のため、手返しがとても悪い・・・。釣りしている時間の半分が仕掛けを触っているな~と思ってたら、

 なんともデカくてひょろ長い魚が釣れた。

 先輩いわく「キス」。こてキスなのか、デカいから違う魚に見えるわ。20cmのアイナメより大きい。
アイナメ、キス、ソイ

 その後、クロソイかなそれ、とこちらも正確な名前が分からない魚をお土産にゲット。

 12月の釣りで、3匹も持ち帰るとは想像もしていませんでした。

うちのテトは魚嫌いなようです

 3枚おろし

 天ぷら

 ということで、夜8時過ぎぐらいに風が吹いてきたこともあり、納竿。
 アパートに帰ってから、猫のテトのエサくれ甘え泣きを無視して、3匹を捌いて天ぷら。

 塩が載っていない、身がフカフカしている部分をテトにあげても、食べようともしない。
 アイナメもキスもソイも食べない。
 以前、猫マタギというサッパをあげた時も食べなかったので、魚嫌いなのかな・・・。

 市販の味付けカツオは大好物なのに??

 基本的に人間が食べているおかずに興味を示さないし、自作のササミ+カツオ節スープも何故か2日目から食べないし、余程キャットフードが美味しいのかな。

 飼い主に似て、ジャンキーなファーストフードが好きなのかな^^

スポンサーリンク