モンスターハンターワールド販売日まで、あと1週間

 あれよ、あれよに、もう残り1週間です。モンハンワールドの販売日が来週になりました。
 このモンハンのためにPS4とHDR対応モニターを先月購入しましたが、そのプレステ4はアマゾンプライムの映画を見るのに使用していて、実際のゲームは正月に「いたスト」をやったぐらいです。
 その「いたスト」は中古で購入して、3日後に中古屋に売るという、大人の対応?をしたので、ほんとプレステ稼働していないです^^;

スリンガーの使い方が分からない

 さて、モンハンですが、すでに体験版(βテスト版)は何度かプレイしています。弓が選べるようになってからは、基本的に弓オンリプレーなので、今回も弓専で行く予定です。
 今日から3回目の体験版がやれますが、本日は仕事でクタクタなので夜更かしせずに寝る予定。
 明日も仕事&飲み会のため、日曜日にがっつり遊びたいと思います。

 で、スリンガーの使い方がさっぱり分かりません。
 特に足を引きづって巣で寝ているのに、捕獲網とやらを投げても捕獲できないです。
 とりあえず、捕獲方法だけは日曜日にネットでも見ながら習得したいですね。

 他のスリンガーの使い方(閃光やら、場所移動、ひるみ)とか、便利な使い方をYoutubeでちらっと見ていますが、実践したことがないので、試してみたいです。

テトのイラスト

 今回の記事のテトのイラスト(上部のがぉ~です)、おやっと気づいた方いるでしょうか。
 3人の方に、それぞれ「爪」という題材で描いてもらいました。

 WordPressにブログを移行した際に、ランサーズというクラウドソーシングで、ペットのベンガル猫テトとギターを題材にイラストを描いてもらったのですが、そのイラストレーターさんが、去年の10月頃から音信不通になってしまって、後ろめたい気持ち一杯で、ほかのイラストレーターさんに同じような風合いでイラストを作成してもらいました。

 やっぱり、皆さん絵心ありますよね。僕なんかせっかくペンタブレットあるのに、お手本のイラストすら満足に複製できないです。
 そもそも動きのあるようなイラストの構図、ラフ画みたいなのはまったく思い浮かばないです。

 ランサーズでもプロの方に頼むには予算が厳しいですが、趣味の延長でやってくれる方がいますので、ウィンウィンの関係でイラストが手に入りますので、クラウドソーシングって画期的なシステムだと思います。

画期的なシステムの仮想通貨

 画期的なシステムといえば、仮想通貨。
 前回の記事では、ビットコインFXで、170万円程で「売り」ポジションを2BTC購入し、正月明けの急騰で220万円あたりのロスカットを恐れて、185万円程で損切。マイナス30万円の損失を出したけど、リップルのプラスで±0と書いていましたが、

 今現在は、含み損含めて、-28万円ほどです。

 ここ数日ニュースでビットコインが暴落したと報道していますが、それの影響でリップルも下がっていますので、「あらら、やっちゃった~^^;;」な状態です。
 ま~余剰資金の範囲内でやっていますが、少々残念です。

 でも、今が買い増しのチャンスです。

と、暴落中にリップルをナンピン買いし、1リップル100円を切りそうになったときに、

 100円切ったら、大勝負でまとめ買いしよう!!

 と、思っていたのに、そのチャンスは朝の通勤時間と、夜寝てから数時間後にしかありませんでした。
 スレッドを含めても100円を切った状態で買えていたので、その時100万円分購入しておれば、今の時点(1リップル180円)でトータルがプラス50万円以上になっていたのに、残念。

 ま~ギャンブルにたらればを言っていたらキリがありませんが・・・

 正月休みの損切りしたFXのポジション、損切りせずにずっと保持していたら、毎日払う手数料を考慮しても、50万円はプラスになっていました。

 なんて書いていますが、年始4日だったかなの高騰での損切りは、それ自体はいい判断だったと思っています。いけなかったのは「売り」ポジションを2,3日も持ち続けたことですね^^;

 ちゃんと、IFD注文か、成行でも決済予約で逆指値を設定して、ドライに損切りしないと駄目と痛烈に反省しました。
 今日、ビットコインも回復気配なので、「買い」ポジションで久々にFXをやりました。
 -200、-4000、+5500と、少し稼げれました。

 しっかりと損切りをすれば、家で楽しめるギャンブルですね^^

スポンサーリンク