大人になってからの(30代後半からの)、ピアノの練習


以前に購入してた、KORG microPIANO(マイクロピアノ)、購入後一ヶ月後にはフリースのひざ掛けをかぶせて部屋の隅に置かれたままに・・・^^;
練習してYoutubeにアップした日が去年の6月なので、おそらく1年は放置してたかな~。
オーラ・リーの練習後も、少しは練習してたけど、知らない間に三日坊主^^;;
その時に購入してた教本は、ヤマハの「大人のためのピアノレッスン」上下巻
やはり、見た目簡単な譜面で、練習するのがおもしろくない、楽しくなれないのが原因かなと思うし、
練習曲の少なさが原因かと自己分析。
というのも、他のピアノの教本「ぴあのどりーむ」の1~3巻を今週購入。
この「ぴあのどりーむ」は幼児用?ですが、自分的には練習で弾くには、この「ぴあのどりーむ」のシリーズが好印象。
「大人のためのピアノレッスン」の上巻の内容が、「ぴあのどりーむ」の1~3巻かな。8分音符が出てこないので一見やさしいのですが、譜面を読むという練習に関しては、「ぴあのどりーむ」が最適。
「大人のためのピアノレッスン」の場合、課題曲が少ないため、最初は譜面を読む練習になるのですが、その曲の練習を繰り返すと、指で次の動きを覚えてしまい、譜面を見なくても弾けるようになってしまいます。
この「譜面を見なくても弾けるようになってしまう」、個人的に上達の妨げと感じるんですよね。
どんな楽器でも最終的(発表会やらコンサート?)では、指で譜面を覚えますが、練習の初期で指で覚えるのは、なにか違うような気がします。
でも、独学ですので、やはりDVD付きの教本も魅力的です。「ぴあのどりーむ4」を今日の朝アマゾンで購入しましたが、おそらくもう弾けないレベルだと思います。
「ぴあのどりーむ3」の時点で、初見の演奏は不可能ですし、左手右手がこんがるし、そもそもヘ音記号の楽譜が瞬時に判断できないし・・・。
なので、DVD付きの「大人のためのピアノレッスン」がまた、復活するかも!!
ピアノでも、久石譲さんの簡単なソロアレンジの曲が弾けるようになるといいな~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク