右手のタメ?

今日は、今年の仕事納め。
やっとのんびり連休だ!!
明日は晴れそうなので、バイクのキャブを調整しようかな^^
で、毎度のゴルフの練習。
今日は、フルスイングでも左腕がインパクト以降に折れ曲がらないように意識。
アプローチからピッチングウェッジまではいい感じに打てたのですが、なぜか9Iで調子が狂いました。
とりま、左に飛んでいく原因の一つに、もともとのアドレスの時に肩が左向いていることに気づきました。
足は飛球線と平行なのに、アドレスの時の肩だけ左向いている。
(足はマットの切れ端の線にあわせれるけど、肩は目標に向ければいいのに、練習場のネットと平行になっていました。)
今日の、調子が狂う原因。腰で回転する時に、上体が上がっていることによりトップや、切り返しの間がおかしい感じ。
と思ってたけど・・・・、トップの原因、もしかしたら根本的にインパクトの時に右手のコックというか、アドレスの時よりもフェースの角度(ロフトか)かライ角が狂っていたのが原因だったような感じです。
アドレスの時に、腰を左に旋回させてインパクトの形を作った時の、「グリップと右手の角度」を再現するように意識したら、9Iも8Iも7Iもとてもミート率がいい感じに!!
30ヤードのアプローチを打つ時のふり幅で、テイクバックまでに左腕のロールでフェースを開いて、切り返しでスクエアに戻しつつ、インパクトの形を再現してヒット、そのまま左腕をロール、右手上を意識してフェースを返すという、レッスンの先生に教えてもらったことを何気に復習したら、見事に上り調子!!!
ゴルフ雑誌に載っているロフトを信じて振りぬく練習ですが、これってトップからインパクトまでの、右手のコックのタメと同じことというか、含まれていることなのかな。
インパクト前にコックが完全に緩むと、この〔インパクトの形を作った時の、「グリップと右手の角度」〕が再現できないですよね。
また、これとは別に、ふにゃふにゃシャフトの7Iを何度か振っていますが、これのおかげで持っているアイアンのしなりが感じれるようになりました。
いままでほとんど感じれなかったのに、なんとも不思議な感覚です。
というか、練習二日目でこの効果は、とてもいい練習器具ですね。
ただシャフトのしなりは感じれるけど、それはトップの切り替えしの時だけです。
まだインパクト前の逆しなりは、感じることができないですね~。
理想は、テイクバックからトップになったときの「しなり」を、トップからの腰先行の切り返しの間で「しなり」を増幅させて、それをインパクト前に「逆しなり」させることが出来ればいいのですがね^^
とりまヘッドスピードは遅いけど、ミート率は改善。最近3歩進んで4歩下がった状態でしたが、今日一日でまた3歩進んだ感じです。(まだ-1歩かな・・・^^;)
う~んでも、ユーテリィティ形の5Iも結構いい感じに飛ぶようになったので、前進したかな。
ただ、ドライバーは先日より後退・・・・><;
ドライバー、本当に飛ばない。
コツがさっぱり分からないわ~。9Iの2倍どころか、9Iよりも飛ばないし、信頼できないよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク