理系的な考え方? 「無人島に一つだけ持っていくなら」

最近仕事糞忙しく、なんだか疲れ気味です><;
そんな仕事中にぼ~と考えてました。
(というか、今洗濯中で干す前に寝てしまうといけないので、今でも暇つぶしで考えています^^)
「無人島に一つだけ持っていくなら何を持っていく?」
という単純な質問の答えです。
文系的(個人的なね!)な答えだと
「女(異性)」
「テレビ」「ラジオ」「音楽」「ギター」等の暇つぶし系
でしょうか。
少し考えると、「火」「水」「食料」かな。
で、コン太郎は理系的な部類(最近リケジョの小保方さん、ある意味有名人ですが・・・、STAPは本当にあって欲しいな~)だと思います。
で、この手の質問されたら、違うところで考え込むですんよね。
・その無人島にはどうやって行くのか、何日滞在するのか?(遭難orチャーターor数週間のサバイバルor死ぬまで?)
・無人島に入ったら、一切人と関われないのか?(船で本島に買出しにいけるとか)
・水道、ガス、電波、電気は?
人間一人では生けていけないですからね~。
仮に遭難して、無人島に流れ着いたとして、たまたまポケットにライターがあったとしても、火は用意できても鍋がなければ煮炊きできないし、そもそも食料がその辺の草しかないわけで・・・。
ナイフを持っていても、内陸性の動きの遅い動物を仕留めても火がなければ料理できない。
火があっても、衣食住の「住処」は作れない。
となると、遭難した場合で生き残りたい場合はサバイバル系ではなくて、普通に使用可能な衛星電話等の救難要請、信号を出せる機械が無難だよね。
逆に遭難した前提で、生き残るのも無理なら、「女(異性)」とか「趣味の道具」で余生を一日でも楽しみたいですな^^
遭難ではないパターンだと、そこに来る交通手段があるわけで、一つだけ持っていけるなら、残高が億以上あるクレジットカードでしょうか。
遭難でなければ、そこに来るにはたとえ拉致監禁でも人と接する機会があるので、「金」の力が必要なのではと思います。
あ~、子供の頃は、この手の質問には、ドラえもんの4次元ポケットで答えていたな^^
なんて、しょうもない記事書いていたら、洗濯が終わりました!
素直な答えだと、衣食住が満たされて、寿命をまっとうできるなら、「ギター」(ただし50年分のメンテナンス道具込み^^)。
衣食住が満たされなく、サバイバルをしなければならないなら、「なんでも素直に聞く女性」なんて無理だから、「衛星電話(ただし使い方の説明書、電池、救難要請をする番号込み)」で助けを呼ぶな^^
あっ超悲観的な答えだと、「縄」というのもありだな。もちろん首吊り用・・・。
バトルロワイヤルのシーンを何故か思い出した。どうせサバイバルしても長生きできないので、潔く死ぬのもありか・・・。
でも、どうせ死ぬなら、自分で死を早めるのは意味ない気もするから、少しでも長生きしたいなら「サバイバル本(内容が実践的かつ、暇つぶしになる程の厚さ)か。
でも行き着く先は「衣食住」の「食」が一番のネックだよね。「衣」は一人だったら服いらないし(冬は知らん^^;)「住」も雨をしのげないと長生きできなさそうですが、「食」はどうしようもできん。
まず「水」それも真水が湧き出ていないと、まず長生きできない。雨降っても道具なければ保存できないし・・・。
「火」、ライター、マッチを持ってきても、火をおこすには枯れた木が必要。それが手に入るかどうかも気になる。
「水」「火」があっても、草、虫?貝?を煮炊きする鍋がないと、焼き料理意外不可能だし。
無人島という条件なので、どれぐらい「食」になるのが存在しているのか不明すぎるし。
結局一つだけって難しいような気がする。条件が無人島ではなくて、人が来れない山深いジャングルとかなら、おそらく「水」はあるし、「乾いた木」や縄の材料もありそう。
となると、鋭い大きなナイフ系があれば、原始人みたいに投げやり(ナイフは加工用で、矢じりは石か木ね)とか作れるし、住処の材料もなんとかなりそう。火も起こせるのかな~。
さてさて、洗濯物を干さなきゃ!
(夜だけどね・・・)

スポンサーリンク