20131102 琵琶湖南湖ゴムボート釣り

先日の土曜日に、新車のスバルサンバーに乗って、琵琶湖でゴムボート釣りをしてきました。
新車のサンバーバン(見た目はまんま、ダイハツのハイゼットカーゴ!)、まだ購入後200kmしか走っていないですが、早速高速乗ってきました。
ターボ&マニュアルとはいえ、100km巡航で回転数は4000以上。
たまに110kmだせば、回転数は5000回転・・・、
まったく慣らし運転なんて、どこへやら^^;;
しかし、いまどきの軽バン快適です。
音は静か、ターボ&マニュアルの余裕の走り。
時速100kmあたりまでなら、普通の乗用車並みの性能ですな。
ただし、時速120km超えると・・・、明らかにヤバイ振動、ハンドルのぶれを感じますが><;
高速の燃費は、なんとカタログ値に近い、リッター15.5km!!
ゴムボート、エンジン、エレキ、釣り道具積んでも、普通に一人分寝れるスペースもあるし、完璧だな^^
さて、久々の琵琶湖、そして今年初めてのゴムボート釣りですが、



なんと、バッテリーが死んでいました><;;;;
前日に丸一日充電したのですが、全然電圧が足りなかったです。
ゴムボートの空気ポンプが動きが悪く、ポンプが壊れたのかなと思ったけど、車のバッテリーにつなげたら快調。
エレキをバッテリーにつなげて、動かしてみたら、最速と低速の速さが一緒・・・扇風機みたいにそよ風・・・。
バッテリー、半年前に自己放電して空っぽだったので、一回満充電したのですが、既に駄目駄目だったみたいだな~。
今年は、レーシックに、船免許に、バイクに、新車に・・・、ゴムボートに乗る時間がなくて、まったく充電しなかったのが響いたな~。
今年はもうシーズンオフなので、来年の春に購入しなきゃ!
ということで、2馬力で沖(赤野井、烏丸半島)まで行って、風の吹くままライトリグの釣りしてきました。
もともと、連れと二人釣行なので、ベイトロッドは家に置いてきたので、ま~エレキが無くても釣りにはなりました。
釣りにはなったけど、激シブですね。
朝一、ポロッと赤野井の一文字提のちょい沖で、スピニングで投げれる限界サイズのハードルアー(プロップマジックの75)で、40cmオーバーの体格のいいバスが釣れたのですが、これが本日の最大サイズに・・・。

20131102.jpg

その後は、ステルスペッパー、プロップマジック、ワスプ等のミニハードルアーには極まれに追ってくる子バスが見れる程度。
3インチワームのジグヘッドに、ギルのあたりがたまにあるぐらい。
4インチワームを使用すると、ほぼ修行状態。
でもって、釣れるバスのサイズは、15~25cm・・・。それも二人合わせて10匹もない。
前日も寒かったはずだから、急激な温度変化ということはないと思うけど、いろんなサイトを見ると今週は、やっぱ激シブらしい。
水質もにごり気味、水草は枯れ気味、流れもほとんど無い、風はたまに吹く程度。一日中曇り空で肌寒い、釣果も肌寒い感じに^^;
バッテリーが死んでいたので、のこり今年琵琶湖にいくとなると、彦根港でのんびりオカッパリかな~。
レッドペッパーの小さいので、子バスが釣れる時期かな~。
サイズ小さいけど、トップで釣れるとほっこりできるんだけどな~^^

スポンサーリンク