PS4proのために購入した、4K HDR対応のモニターで、モンハンワールドベータテスト版を体験

 アマゾンで注文して、入荷、発送待ちになっていた、「Acerのモニター ディスプレイ ET322QKwmiipx 31.5インチ VAパネル 4K HDR対応」が、昨日の夜に配達されました。
 今日は、土曜日休みの日ですので、朝から部屋の片づけをしながら、モニターのセットと、配線の取り回しをしました。

届いた箱は巨大でした

 金曜日の仕事帰りに、ホームセンターとスーパーに寄り道していたら、アパートに着く5分前ぐらいの、PM7時4分にヤマト運輸のドライバーさんから電話が!

 あと数分でアパートに着く距離なのに、何故か国道の信号機が丁度赤に切り替わり、電車の踏切で左右の電車待ちになります^^;

 とまあ、近所の家を先に回ってきたヤマト運輸さんが、数分後に再配達してくださいました。いつも配達ご苦労様です。身の回りの物や、食料品の買い溜めまで、1週間に数回荷物が届けてもらいます。
 で、届いたエーサーのモニターですが、箱がデカいです。

 32インチって、こんなに大きいのかな?

 と、尻込みしました。届いた箱には、ACER 32と書かれていて、アマゾンでは31.5インチ表記でしたので、もしかして誤出荷?と一瞬よぎりましたが、「HDR」のマークが印刷されているのを見て、安心しました。
 で、段ボールのフタを開けて、発泡スチロールを取り出すと、

 白い巨体が見える

 アマゾンの商品写真をみると、ベゼルが黒なので、本体も黒かと思えば、背面のパネルは真っ白でした。最初は白って派手な色だなと感じましたが、背面なので設置して数分で気にならなくなりました。

猫除けオーディオラックは、人間も寄せ付けない・・・。

モニターと猫
 以前、猫のテトが、オーディオの配線の上で粗相をしたことがあるので、パソコンやオーディオ機器が木製の手作り小屋に入っています。
 自作品のため、今回のようにモニターの配線をいじるときは、結構大変です。コタツやら散らかっているギターの本、コタツ等を一旦片づけていたら、1時間以上かかりました。そして、
 
 パソコン用のHDMIケーブルが行方不明です。

 アマゾンでモニターを注文したときに一緒に購入して、先に届いていたのは確かですが、

 どこかに片づけてしまって、見つかりません!!

 ブツブツと一人文句を垂れながら、パソコンは今までの配線(D-SUB)で、今までの27インチモニターに接続。HDIM配線が見つかるまでは、モニターは2台持ちといきますかね。PS4proで、アマゾンプライムの映画も、Youtubeも見ることができるので、今後パソコンの調子が悪くなったら、ノートパソコンに乗り換えようかなと思っています。

モンハンワールドの体験版をダウンロード

 なんと、朝パソコンのメールチェックしていたら、モンハンワールドのベータテスト版が配信開始されたと、プレステネットワークからメールが来ていました。
 プレイできるのは、明日の朝2時から、水曜日までの3日間のようです。

 プレステプラスの契約をして、まんまとソニーの策略にハマっています^^

 とりま、5G程の容量ですし、WIMAX回線で時間がかかるので、ダウンロード中に、バイオハザードの体験版をプレイしました。

HDRの効果はすごいかも

 体験版のバイオハザード7もHDRに対応していました。2回目のプレイでしたが、初期設定のモニター設定が以前とは違っていました。
 今回購入したACERのモニターは、しっかりとHDRに対応しているようです。実際のゲーム画面ですが、

 明らかに、懐中電灯に照らされた画像が綺麗に、リアルになっています。

 また、窓から漏れている太陽の光や、ランプの光に照らされている対象物の描写が、とても雰囲気でています。
 BenQの27インチフルHDモニターと、Acerの32インチ4Kモニターの違いがありますが、HDRの効果は結構体感できると感じました。
 で、ゲームの進行は、1回目は勝手口のカギを見つけて、即行で外に出ようとしたらバッドエンディングになりましたが、今回は「便所の水道バルブ」をゲットして、

 これ、このまま奥に進んだら、やばいかな!?

 と思っていたら、案の定モンスター襲われゲームオーバー・・・。

 予想していましたが、結構ビビりました><;

 バイオハザード7、ちょっと欲しくなってきました。

モンハンワールドのベータ版を起動

 体験版のダウンロードが完了したので、ウキウキしながら起動しました。
HDR対応
 こちらも、バイオハザード7と同じく、ちゃんとHDRに対応しています。
 モニターの真ん中の光は、デジカメのフラッシュです。
HDR設定
 HDR対応でないモニターの場合は、マークがうっすらと見えるようにモニターの調整をしますが、HDR対応の場合は、輝度と彩度の調整をします。
 バイオハザード7では、赤と青のバーが表示されましたが、モンハンワールドはそのバーは出ないようですね。

HDRの画面の比較

HDR対応
 上の画像が、HDR対応の画像です。
 下の画像がHDR非対応を選んだ画像です。
HDR非対応

 うん、奮発して購入した価値はあるかなと思います!

 HDR対応にすると、光の反射がとてもリアルと感じます。
 この記事の写真は青みがかかって分かりにくいですが、実際のHDRの対応、非対応の差は、結構大きいです。
 また、太陽の眩しさが感じれるのも、実際の狩りには邪魔かもしれませんが、リアルでいいですよね!!

ACER ET322QKwmiipx 31.5インチ 全体の感想

 お値段は、アマゾンで5万4千円程でした。(記事書いているときは5万9千円程になっています)
 32インチで4KでHDRに対応していて、5万円台で買えるモニターは、アマゾンで探して見ましたが、CROSSOVER 324KS UHD HDRは7万円台、LG 32UD99-Wは10万円台、Dell S2718Dは27インチで7万円台ですので、5万円台で買えるHDR対応モニターはAcerからしか出てないのかな。
 玄人の方から見たら、パネルがIPSでないとか、不満な点があるかもしれませんが、今までBenQの安モニターを使ってきた者にとっては、今回購入したモニターは、とても綺麗に見えます。
 なので、値段なりの画面かも知れませんが、5万円分の価値はあるかと思います。

 横幅は、ほぼ一人用コタツと同じ幅で73cmです。
 大きすぎることもなく、小さいとも感じない、絶妙なサイズです。
 パソコンも繋げて、こうやってブログの記事を書くことができます。
 ただやはり32インチはデカいので、キーボードからモニターまでの距離が70cmとなっています。コタツの上に載せて使うと、目が悪くなりそうです。上の写真のようにコタツから離れたところに設置していますが、夏になったらパソコンのモニターは、たはり24インチになりそうです^^;

 正直なところ、パソコンと共用するために32インチを選びましたが、PS4pro用のモニターは40インチ台にして、パソコンはノートパソコンに切り替えるでもよかったかな~と思います。
 布団で寝ころびながら、ブログを書きたいな~という願望がありますし^^

 4Kの画像は、特に不満はありません。
 アマゾンの評価で、残像や、うねり、画面のふちが暗くなるような症状がでる個体があるようですが、僕の持っているものは、特にそのような不具合は発生していないです。
 基本的に白っぽいワードプレスの編集画面が綺麗に映っています。

 PS4PROで、アマゾンプライムの映画鑑賞をしましたが、気になるような事はまったくありませんでした。
 
 現状最安値の32インチ、4K、HDR対応モニターですが、値段とのバランスはとても良いと思います。

 パネルの視野角も、今まで使用していたBenQのモニターでは、コタツで寝転がると暗くなっていましたが、このAcerのモニターでは、コタツで寝転がって見ても変化を感じられないので、問題は無さそうです。
 ただ、立ち上がった時に、モニターを見下ろす角度だと、色合いが急に薄くなって見えるのが、ちょっと気になるかな~。映画見ているときにトイレに立ち上がるときしか影響ありませんけどね^^

スポンサーリンク