Elixir エリクサー弦

 「ソロギターのしらべ」の著者 南澤大介さんは、メロディーをしっかり弾くために1~2弦がミディアムゲージ、ドロップDチューニングのために6弦もミディアムゲージにしているそうです。
 それを真似して、
 014、017、024、032、042、056
 とバラ買いして使用してます。(モーリスのS92の場合、他のギターはカスタムライトです。)
 今使用しているのは、フォスファブロンズ弦ですね。

エリクサー

 インプレ

 一番の利点は、錆びにくいこと!
 風呂上りに練習しようが、夏に夜な夜な練習しようが、特に手入れしなくても、ほとんど錆びないです。
 他のコーティング弦は数週間~1ヶ月、コーティング弦でない場合は1、2週間もすれば1、2弦は錆びてくるのですが、エリクサーは半年は持ちます!!
 そして錆びても、ティッシュで錆をふき取れば、まだ使えます・・・多分。

 音とかは・・・ほとんど他の弦を使用しないのでなんとも言えないですが、普通なのかな?
 弦による音の違いよりも、自分の演奏の未熟さのほうが聴き返すと気になります^^;

 錆びた弦と、新品の弦の音の違い

 弦交換した際に、錆びた弦と新品の弦の音の比較をしてみました。
 う~ん、言われてみれば、こっちが粒たちがいい、高音のキラキラ感があるかな?程度の差かな・・・
 多分、自分の耳ではよくわからないです^^

スポンサーリンク