シータの決意(スタジオジブリ作品集)

 曲の紹介

 「天空の城ラピュタ」より。曲名には「シータ」とついていますが、シータのテーマ曲というよりは、ラピュタの神秘さや、哀しさを感じるシーンで流れている曲です。パズーが父親の撮ったラピュタの写真を説明するシーン、園丁のロボットと出会うシーン、滅びの呪文を唱える前の回想シーン等で使用されています。

 難易度B:intro1の人工ハーモニクスを綺麗に粒を揃えて弾くことが難しいです。全体的にはAよりの難易度Bかと思います。

 人工ハーモニクスとは

 intro1の人工ハーモニクス部分の動画です。管理人は最初人工ハーモニクって何という状態でしたので、同じような境遇の人のために動画を載せときます。
 人工ハーモニクスとは左手で押弦したポジションから12フレット目を右手の指先で触れて弾くことによりハーモニックスを奏でています。通常(南澤さんも)は、人差し指で触れて薬指で打弦します。自分は小指で覚えてしまったので小指でやっています^^;

 練習の記録(2010年02月24日)

 この曲を練習しはじめてから1年ぐらいです。半年程前に2ヶ月程集中して練習していました。イントロの人工ハーモニクを綺麗にそして、音量を揃えて弾くことが難しいです。特に2弦のハーモニクスが弱弱しくなるのがなかなか改善できません。
 録音を聞いて気になったところ。ハーモニク時のビビリ音。譜面Bの最初の2小節がリズムが走っている。譜面C後半のE♭onGへのコードチェンジがもたつく。
 次回録音時は、これらにもっと気をつけて、全体的な音量のバランスも考慮すると、もっと上手に聞こえるかな〜。(毎回これ書いているな^^)

 譜面Bの前半、リズムが走っています。メトロノームの練習必要ですね^^;