オネスティ

 曲の紹介

 ビリー・ジョエルの代表的なバラード曲です。
 正直、誰ソレ?な洋楽オンチですが、サビの部分は聴いたことがありますね。
 Youtubeで原曲と訳詩を鑑賞しましたが、なんか堅い詩なんですね。
 オネスティ(HONESTY)を誠実と訳していた動画です。自分的には「正直」の方がしっくりくるかな。
 「上っ面な優しさ、幸せは手に入るけど、世の中誰も誠実なものはいない・・・、誰も本当のことを口にしない・・・、君だけは僕に包み隠さず何でも言っておくれ!」という歌かな。
 って、そんな解釈でいいのかな^^;

 難易度 B:前のページの「ユア・ソング」と似たようなアレンジですが、こちらの方が16分音符の数は少ないかな。
 そのかわり、初見だと押さえれないコードフォームが多いです。なので、難易度Bは妥当かな。
 リズム的に、4分音符がときおり出てくるのですが、これをしっかり伸ばすのが意外と難しいです。どうしても走り気味になりますね。

 練習の軌跡(2015年2月14日)

 今月は、至高のスタンダード篇を毎日一曲、記事を書こうと目標を立ています。
 今日は土日連休の土曜日。朝からギター三昧のため、何曲か貯め書きできそうです。
 この曲も、聴いたことがあるようで、ないような曲です。
 Youtubeで原曲を何回か聴いて、練習してますが、う〜んなんとも、弾けてそうで、全然弾けてない^^;;
 「僕が何でも包み隠さずしゃべれば・・・同情してくれる人は沢山いるさ・・・、綺麗ごとの嘘をつく人は要らない、ずばっと言っておくれ!」
 ・
 ・
 ・
 下手糞と言うと、凹むの分かっているので、一般的な人は「正直」でないけど、「誠実」な心構えで、「お上手ですね」と褒めるんだよな〜^^w
 HONESTYの訳、「正直」「誠実」とあるけど、何か深いな〜!

 2015年02月14日 オネスティ 初見演奏
やっぱり16分音符は苦手。その最中の2分音符とか、嫌がらせレベルだな〜><;