Black bird(ビートルズ)

曲の紹介

 実際の曲は、ポールマッカートニーの弾き語りなのでソロギターではないですが、音楽教室の先生のお薦め練習曲ということで、歌なしで練習します。
 譜面を見るとスリーフィンガーのアルペジオですが、先生曰く、実際はストローク混じりの奏法ですよとのこと。
 なので、ネイルアタックの練習(裏拍をストローク気味に)もかねてみます。

練習の軌跡(2017年6月11日)

 このサイトを手打ちのHTMLから、ワードプレスに移設して、初めての練習帳です。
 移設するのに数か月かかって、そのために練習がおざなりになって、少々本末転倒気味でしたが、これからは練習をがんばるぞ!


 ということで、ブラックバードです。弾いてみて実感したことは、

 16分音符が苦手!

 ですね。ネイルアタックを入れる裏拍のリズムが、ま~よくずれます。
 そして、綺麗にネイルアタックの音がでないです。ナイロン弦ギターということもありますが、デコピンするときの小指で表板を叩く音のが大きいです。小指で表板を叩かずにデコピンするコツがまだ掴めていないので、できるようになるといいな~。
 
 ちょっと前に少し練習して放置していたので、今日の練習で最初のリピート記号まで通して弾けましたが・・・

 綺麗に弾けるようになるには、結構時間がかかると思います。

 まずはリズムが狂わないように専念してから、ベース音を意識するかな~。