I am(アイ アム)

 ピアンと、弦楽器、その他色んな楽器も出てきますが、オーケストラみたいな雰囲気ではなくて、ピアノのメロディを楽しめるアルバムです。
 自分のイメージする久石譲さんのオリジナルアルバムだな~という感想です。
 曲のイメージが多様で、作業用BGMにぴったりです。心地よいから、眠気がでてきて、マイナスかも知れませんが^^

 全体的にジブリ音楽の印象が感じられます。ジブリ音楽が好きな人は、お気に入りの一枚になると思います。

 曲目紹介とプチ感想

  • Deer’s Wind
     直訳すると、鹿の風。仔鹿物語という映画の主題歌です。助けた仔鹿との哀しい物語を乗り越えていく少年の話です。
     イントロから、寂しげでいて、それでも希望が見え隠れするような感じです。最後には前向きな曲調に。
     ジブリ風に書くと、朝陽が昇ってくる、故郷の田園、牧歌的風景かな。
  • Sunny Shore
     直訳すると、日当たりのいい海岸。イントロは、神秘的かな。明るい海岸線というイメージは湧かないな~。
     個人的には夕暮れの砂浜に、片思いの子が、かっこいい先輩と楽しそうに座っているのを眺めている感じ。
     新しい恋を見つけなきゃという感じかな~。
  • Venus
     直訳すると、女神。陽気なビーナスさんですね。多分前曲の砂浜の後に、飲み屋のスナックで陽気な子と知り合ったかな。
     アフリカ原住民の祝い唄のような、女性の叫び声が途中聞こえます^^
  • Dream
     直訳すると、夢。昨日知り合った女神は、一日限りの関係だった・・・。
     これからどうしよう、昔の事は忘れよう、今が大事! と思っているかどうかは不明^^
  • Modern Strings
     直訳すると、現代ストリングス。新しい手法の管弦楽ということでしょうか。
     いきなり、風景が変って、夜の喧騒な雰囲気です。一矢触発の場面ですね。
  • Tasmania Story
     直訳すると、タスマニア物語。同名の映画の主題歌です。名前は聞いた事があるけど、映画の内容はさっぱりです。
     幻の生き物タスマニアタイガーを探す映画なのか、息子の成長映画なのか?
     曲調的には、神秘的なイントロで、やさしさ溢れる曲です。タイガーというよりは、その虎の母さんの、子育ての情景が思い浮かぶ曲です。
  • Passing The Words
     直訳すると、その言葉を通ること。イントロは、久石さんらしい、ジブリっぽい始まりです。
     やさしさ溢れる素敵な曲です。さらに、前向きな感じも好感度アップ! 新しい旅たちを決意した主人公のテーマソングですね。
     このI amのアルバムの中で、一番のお気に入りです。
  • Echoes
     直訳すると、エコーいっぱい。イントロは、不思議な小太鼓との響きです。
     かなり異色な感じで、異国の地の民俗音楽みたいです。それも祭り中^^ ドキュメント番組のオープニングみたいです。
  • Silencio de Pare Guell
     直訳すると・・・フランス語?? 訳せれない><
     もの哀しげな曲です。ジブリの涙溢れるシーンで使われてそうな曲です。
  • White Island
     直訳すると、雪の島。なんだろう、聴いた事のある旋律だな~。安心感があるのかな。
     冬山に、春の芽吹きが訪れた印象の曲かな~。冬眠から目を覚ました、カエルの気持ち^^

I am

 CDの感想文をずら~と並べみました。コン太郎的なお勧めアルバムは、こちらの別の記事で紹介しています。
 久石譲さんのお薦め曲(ジブリや有名曲以外で)

 所持している久石譲さんの60枚程のアルバムの感想は、こちらにリストがあります。
 持っている久石譲さんのCD紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク