初心者向けギター講座に向けての準備(爪の手入れと秘密兵器?)

Cコード押さえ

さて、レフトハンドギターを使って、初心者向けのギター講座コンテンツを作っていこうと目標は立てましたが、まずは準備です。
僕は、ソロギター弾きですので、右手の爪が伸びてます。

爪が伸びていると、弦が押さえれません。

試しにCコードを押さえてみましたが、指の柔軟性うんぬんよりも、爪が邪魔して垂直に押さえることができないので、指先が斜めになります。
指先が斜めになると、指の腹でとなりの弦を触ってしまうので、音がきれいになりません><;

最近練習している曲がない(あきらめた&三日坊主?)、童謡のアレンジ自体には特に問題ないので、ばっさり切りました。

爪伸びているとき
爪切り後

いざ、切った画像を見比べると、普段押さえている左手の指の爪は、もっと深爪になっています。
右手の爪を伸ばすようになって8年、それ以前はホッチキスみたいな爪切りでパチンと切っていたので、どんどん深爪になっていた右手の爪はギターを初めてから、知らない間に深爪が治っています。

画像を見て、ギターの弦を押さえる指は、深爪の方がいいのかなと思います。
よくよく考えれば、普段も左指の爪は伸びてきたと感じたら、すぐに切るような癖がついているので、

弦を押さえる指先の爪は、深爪気味にする。

というのは、重要なことかもしれませんね。
もちろん、深爪のしすぎは駄目ですよ!!白い部分が線状に残る程度かな。

で、この状態でレフトギターでCコードを押さえてみました。
伸びている頃よりは押さえやすいですが・・・1弦の音がかすれます^^;;

そのあたりの記録撮りとか記事は、秘密兵器をアマゾンで注文しましたので、それが届いてから実行していきます!
(たぶん、明日の夜8時ぐらいに届くかな)