年賀状を書かない選択

今年も残りあと二日です。正確には1日と数時間。

12月は仕事が忙しく、29日まで仕事で、今日は久々に家でゴロゴロです。
題名の年賀状。

今年は書きました!

去年は書いてないです。一昨年は・・・届いた人に返信を正月休みで書いたかな。

仕事でウツ気味になるためか、年々年賀状を書くのが億劫になっています。
昔は無地の年賀はがきに、「なにを、どうやって書こうかな」と考えるのも楽しかったのですがね~。

30後半になって、独身貴族のふざけた年賀はがきを書くのにためらいが出てきたのが原因でしょうか・・・。

届くハガキは、「新しい家族が増えました」「子供が大きくなりました」系がほとんどです。
(年賀状を律儀に送ってくる知り合いは既婚者しかいない^^)

僕から送るハガキは、「着ぐるみ着たり、イラストに顔をはめ込んだり」のふざけたイラストを載せていましたが、

30後半になって、これはむなしいな~^^;;

というか、印刷に失敗した年賀はがきを郵便局で切手に交換するときに恥ずかしさを感じた数年前から、どうも「年賀状なんて書かなくてもいいでないかな」と思うようになりました。

ありきたりの文章、既製品のキャラクター年賀状を送るだけなら、別にいいかな~と・・・。

とまあ、今年もうだうだとしてたら30日!!
いっぱい昼寝とゴロゴロスマホゲームをして、今年は特別イベントがあったので、堂々と年賀状を書きました。
文面は

「昨年5月23日に元気な男の子が生まれました。にぎやかなな一年を迎えています。お近くにお越しの際はぜひ見に来てください!」
と、幸せアピール文面と一緒に

仔猫のテトを抱いた写真を載せておきました^^

我ながらほっこりできる、もらってニンマリ?できる年賀状ができたかなと思います。
さ~て、来年のネタはどうしよう・・・

テト、去勢してしまったから、「お嫁さんをもらいました」はできないしな~^^

cimg1835