モリダイラ楽器でメンテ、リペア その1

 ここ最近は、ヤフオクでヌエヌエのミニギターをお手頃価格で手に入れたり、立て続けに購入した、コルドバのミニギターの音色も好みの音で、ソロギターの練習が楽しいです。
 で、新しくやってきたミニギターを弾いていると、モーリスのS92に持ち替えたときにどうもしっくりこないときがあります。ヌエヌエのミニギターは弦のテンションが低い?のか、妙に弾きやすいのですが、それと比べるとS92は油断するというか、気合を入れないと上手にバレーコードが弾けないと感じます。で、状態を確認してみると

 弦高が6弦12フレットで3㎜超え、1弦で2.5㎜は超えている。
 1フレットと20フレットを同時に押さえて確認すると、順反している。
 すでにサドルは限界まで低い。
 フレットがそこそこ凹んでいるように見える。

 ということで、ミニギターが2台仲間入りして、ミニギター三昧ですので、モーリスのS92をモリダイラ楽器に里帰りさせました。

 受け付けは、購入先の島村楽器のイオン岡崎店。基本的には、何も言わずにリペアに出すと、名古屋の島村楽器のリペア専門店に送られるよう。島村楽器系列のリペア店を信用しないわけでなく、同じ高いお金だしてフレットのすり合わせをするなら、製造元のモリダイラ楽器が安心かなと思い、モリダイラ楽器でリペアお願いしますと預けました。数日後、見積もりが島村楽器さんから連絡ありました。

 フレットのすり合わせ
 サドルの新調
 弦高調整
 ついでにお願いした、マグネットピックアップM80の配線固定

 の作業内容で

  驚きの10800円

 モーリスギターで、ワンオーナーで、初回のメンテ・リペアの場合、保証期間が切れていても、激安価格で対応してくれるのでしょうか。というか、ある意味中途半端な値段は、モリダイラ楽器はほぼサービスでやってくれて、島村楽器が仲介料を取っているのでしょうかね~。東京までの往復送料で3000円として、実質の修理代金7千円以下ですからね。島村楽器に頼む前に、モリダイラ楽器に直接電話しようとしたら土曜休みの日でしたので、直接モリダイラ楽器に送ったらいくらになったのか気になるところですが、この値段なら、そんな細かいところどうでもいいと思える激安価格です。

 納期は盆明けの21日ぐらいですとのことでしたが、今日のギター教室が始まる数分前に、「今日、届きました」との連絡が来ました。お手頃価格だし、仕事も早いし、モリダイラ楽器グッドジョブだな~、最近は登り調子だな~と、ギター教室を終えて、ウキウキしながら、迎えに行きました。

 店員さんから、状態を確認してくださいと、数日ぶりのS92にご対面。

 ぱっと見、フレットは綺麗になっている。すり合わせ後、若干台形っぽいかな。
 マグのM80の取り付け位置が、サウンドホールの真ん中よりに移動したな~。
 サドルは、新調した割には低いな~(ほとんど同じ高さ?)
 M80の配線も固定されているな~

 と、チェックしている間、気になる箇所が・・・

 サウンドホールの1弦側の、ヘリが3~4mm程傷ついています。

 傷の見た目から察するに、サウンドホールに工具を入れた時に当てたか、M80を取り外すときに無理に外したような感じです。

 傷としては小さいのですが、いかせん、目立つところにありすぎます^^;
 自分でつけた傷なら、まったく問題ないですし、これが裏板やヘッドの先のような見えないところなら、ま~お手頃価格で作業してもらったので、何も言わないで済ますのですが・・・

  さすがに、これは無理!!!

 ということで、「すいません、この傷、預けた時にできたものなので、対応お願いします」と、S92を持ってきた女性店員に伝えました。丁度店長が電話中で、その店員さんしきりに恐縮して、なんだか数時間前のウキウキ気分がどこえやら^^;;
 電話が終わった店長にも説明して、「すいませんでした」「ご迷惑をおかけしました」と何度も言われ、もう心は萎え萎え・・・。

 クレームは言われるのも、言うのも嫌なので、なんかドッと疲れます。

 モリダイラ楽器なら安心だろうと思って、預けたのにこのような結果になって、残念です。サウンドホールの目立つところに傷をつけたことよりも、作業した人は明らかに「やらかしてしまった!」と思うような傷なのに、それを黙って戻すことに少々憤りを感じますね。「傷をつけてしまったので、研磨して再塗装しました」と言えば全然問題ないし、その傷のリペアが難しいなら、今回の作業代金無料+ちょっとしたモーリス楽器の小物でご了承くださいでも済む話なのにね~。

 ま~傷そのままで、作業代金無料にしましたとなると、傷の見た目的に、中古で売るときの値段がー2万円(僕の感性)は影響するだろうな~と思うし、今までS92を手放すことは考えもしなかったけど、あの傷を毎回見るとなると、なんか嫌な気分になって、売り飛ばしたくなるレベルです。自分で付けた傷なら、そのような事思わないのですがネ~困ったものです。

 とりま、島村楽器に預け直して帰宅しました。今回のことで、唯一助かったのは、島村楽器を経由して頼んだことですね。個人でモリダイラ楽器に頼んでいたら、メンドイことになっていたでしょうね。
 (すでにメンドイですがね^^;;)

 どうなることやら・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. アルペジロー より:

    コン太郎さん、こんにちは。
    10800円は驚きの価格ですねぇ。
    実は私も弦高で悩んでいたとき、モリダイラに送るか、はたまたJ minorさんが書かれていた鎌倉の古谷さんに送るかとかいろいろ考えていました。
    ここ数ヶ月あまり体調良くなくてギターも弾いていなかったのでその熱は少し冷めていますが、最近復調してきたのでまた悩むかも!?

    でも傷つけておいて黙って戻されたのは凹みますねぇ・・・。

    • コン太郎 より:

      アルペジローさん、こんばんわ。
      値段聞いてモリダイラすげ~と思い、予定日よりも早く完成、納品されましたよ~と連絡受けたときは、

      やっぱ、モリダイラ楽器に預けてよかった~。モーリスギター最高!

      と思ったのですが、評価急降下です。以前タコマのP1とかをリペアしてもらった、京都のリペア職人さんに預ければよかった~と今では思います。
      最近、琵琶湖にバス釣りに行かなくなったので、釣りのついでに京都まで行けばよかったな~。

      体調は大丈夫ですか? まだまだ夏本番ですので、夏バテにも気を付けないとですね!

  2. J minor より:

    コン太郎さん、こんにちは。

    せっかくの激安価格だったのに、これはひどいですね。

    おっしゃるとおり、作業した人は明らかに「やらかしてしまった!」と思ったはずなのに、それをほったらかし・・・っていうのは、あまりにひどすぎる対応だなあ。

    > クレームは言われるのも、言うのも嫌なので、なんかドッと疲れます

    本当ですよね。お察しします。

  3. コン太郎 より:

    J minorさん、こんばんわ。
    ほんと、値段が安かったのは、作業前の時点で傷を付けてしまったから、安くしといたのかな~とか、変に勘繰りをしてしまうので、なんとも微妙な結果ですね。

    今日、モリダイラ楽器に届いたらしく、島村楽器さんからは、

    「モリダイラ楽器さんが言うには、運送中にピックアップ(M80)が動いて傷がついたと思いますとのこと」と説明されました。
    作業前、作業後には付いて無く、運送中に付いたということかな。 

    う~ん、それやったら、ケースを開けたときにピックアップが外れていて気づくと思うけどね・・・。傷ついていたところ、サウンドホールのど真ん中より若干サドル側付近だから、そんなところにピックアップつけないしね~。

    なんか言い訳された感じがして、さらに信用度が落ちました。
    ま~実際、運送中にピックアップがずれて、傷を付けて、島村楽器さんの店員さんが付け直したかもしれないけど・・・。

    なんだかな~ですね^^;

  4. Kimi Mac より:

    コン太郎さんお久しぶりです。(*^^*)

    やらかしましたねモリダイラ。
    僕は近場のタカミネ出身のギターメンテで食ってる人に、
    フレット交換、指板研磨、サドル・ナット交換、ブリッジ調整?などをやってもらいました。
    きれいになったし音もよみがえったような気がしますが、なんか違う。。。?
    タカミネだと弾き語り用のセッティングなんですかね?
    そんなこんなで直にでもモリダイラに出せばよかったと思っているところです。
    以前表板が凹んだ時の対応は良かったですしね。

    ところで、いまさらですが、M80の取り付け位置ってブレーシングが邪魔して
    ネックに一番近いところまで行きませんよね?
    僕はM80の裏の部品(ネジで動くはさむやつ)をぶった切ることでネックに一番近くなるところまでもっていってます、コン太郎さんどうしてます?
    S92とS92Rでブレーシングが違うのかな?

  5. コン太郎 より:

    KimiMacさん、ご無沙汰です^^

    音の違い、もしかしたら、サドルとナットが牛骨になったからとかかな~?
    TUSQと牛骨ですと、個人的にはTUSQの方が、倍音が響くような気がします。
    以前、タコマのP1をリペアしたときに、サドルをTUSQに戻した時に感じました。
    リペアする前のサドルが残っているなら、一度試してみるとわかるかも。

    でも、何でしょうかね。いつも弾いていたKimiMacさんが、何か違うと感じるなら、何かあると思いますが、僕のS92もどうなることやら、少々心配です。

    http://sorogita-nosirabe.com/intro/intro51.html
    M80は、このページの写真の位置より、上には付けれなかったと思います。
    自分は未加工です。
    ブレーシングが有ったかどうかは・・・、戻ってきたら確認しますね!

  6. コン太郎 より:

    リペアから戻ってきました。
    ピックアップの取り付け位置ですが、モリダイラ楽器から戻ってきたら、ブレージングに干渉していたとのことで、微妙に斜めに取り付けられて、戻ってきました。

    ブレージングを覗いて確認すると、確かにM80を固定したときに干渉していたようで、挟まれて若干凹んでいました。

    真ん中よりにあると、弦を弾くときに、少々気になりますね^^;
    僕も固定金具を削ろうかなと思います。斜めだとなんか気になるし・・・。