「人を動かす」 D.カーネギー 感想(途中読みだけど)

最近、やたらと眠くなるので、なかなか読書ができません^^;
先日も、ゴルフショップから、PINの新しいドライバー等のパンフレットが届きましたが、ペラペラめくるだけで、眠気が^^;;
で、読書。
「人を動かす」(D.カーネギー)
という、有名所の自己啓発本をアマゾンでポチりました。
家に届いて、すでに20日ほど。
読むと眠くなるというダメダメな頭なので、中華料理屋での外食や、アウトドアでカップラーメンを食べた後等に、少しづつ読んでいます。
(部屋で読むとね~・・・、2,3ページで閉じて、ネットを見てしまいます^^;)
現在3分の2の220ページまで読んでますが、内容的には、正直
「そうだよね~」
という感想。お~という驚きはないし、これを教訓に、これからは実行するぞ!というような前向きな気持ちには今一歩進めない。
「批判、非難、苦情を言わない」(議論をさける、誤りを指摘しない、誤りを認める)
「笑顔で接する」(穏やかに話す)
「聞き手にまわる」
この3つは、自分ではできているというか、口下手だからそうなっているような感じです。
「素直で、誠実な評価を与える」(重要感を持たせる、ほめる)
「欲求を起こさせる」(相手の立場で考え、何を望んでいるか、なにが自尊心を高ぶるか)
「関心を寄せる」「相手の関心を見抜く」
「名前を覚える」
「イエス、はいと答えられる話題で進める」
「相手にしゃべらせる」
このあたりが、自分への課題ですね。
「相手に関心を寄せる」
これが、苦手なんですよね。
1週間、1か月単位で一人ボッチなのは、さすがに寂しいですが、1日だれともしゃべらない、遊ばないのも苦にならないというか・・・
「いつも傍に、誰かいる状況」がたぶん苦手です。
だから、自分から誰かを誘って遊ぶとか、出かけるとか・・・、全然無いです^^;
なので、「相手に関心を寄せる」ことが減っていく一方です。
口下手だから、人間関係がメンドイを思っている。
相手に無関心だから、人間関係が薄れていく。
それを、繰り返しているうちに、
「話しかける」のが怖く?なっている。のかな~。
自分のことだけど、よくわかりませんね^^;
怖いという感情よりは、何を、どうやって話しかけていいのかわからない?


でもないよな~^^;;;
単純におしゃべりが嫌いというか、楽しくおしゃべりが続かないのに恐怖感を覚えているからかな。
となると、「人を動かす」の(相手に関心を持つ)というのは、自分にとってはベストな教訓かもね。
でも、そのためには、おしゃべり技能が・・・。
ニワトリが先か、卵が先かの話みたいですね。
たぶんそのために
「話し方入門」という、同じ著者の本があるんだろうね。
「人を動かす」を読み終えたら、今度はそちらを読んでみようと。
人を動かす 新装版 -
人を動かす 新装版 –
話し方入門 新装版 -
話し方入門 新装版 –