6Iの練習

ここ数ヶ月仕事が忙しく、ゴルフのレッスンは休講中。
休講中ではあるが、今のところ数年は復帰しないかも(チケットが1万5千円分も残っているので、いずれ復帰はしますが)
で、自分の運動神経のにぶさを痛感するほど、サボった分だけ酷くなる。


アドレスからテイクバックまで、気持ちの中では1,2,3で打ちたいのに体が固まる。その反動でテイクバック前に腰が左に動いていく・・・。
ハーフバックの時点で、手が外側に膨れているし、顔が奇妙に動く。
目の前の鏡を見ながらスイングした動画は、顔がほとんど動かないのに、ボールをうっすらと見ているつもりでの実際のスイングだと、なんか変。
この変な動きを、始めたころから治そうと思っているのに・・・センスの無さが光って、いつまでたっても修正できない。
トップの位置でのオーバースイングは少しは押さえれるようになったけど、何かコックの向きというか、上がってくるまでのヘッドの動きがプロの人と違うような・・・、と思うから、後で研究してみよう。
ダウンスイングというか、切り返しの溜めみたいのは微塵も感じない動画とは自分でも思う。
振る前の意識では、赤子(を持ったことないけど)をゆらゆらゆりかごのように揺らすイメージなのに、実際は床に叩きつけるような感じだね^^;
というか、やはり1,2,3のリズムを先に徹底して体に染み込ませないとな~。
アドレスしてから長いよ・・・・、この動画でも相当意識してるのですが、結果はコレ。
アドレスの位置を確認して、グリップを持ち直したら、さっと1,2,3で打つのを、次の練習の課題にしよう。
考えすぎているから、頭が動くと、以前からレッスンで言われていたしね~。
なお、今日の練習で6Iの気持ちいい当たりは皆無。
もう少し、努力と結果が結びつくと、モチベーションがあがって、何かゴルフ用品を買いたくなるのにな~。
さすがに今の状態だと、ゴルフには練習代金以外に金を使いたくないな^^