ツバメの巣立ち

アパートの軒先にツバメが戻ってきました。
数年前に、近所の悪がきか、カラスの襲撃によって壊された巣が修復されたのが数ヶ月前。
以前巣立った若鳥が、生まれ故郷に戻ってきたのかな。
毎日眺めていまして、いつ雛が頭出すかな~と楽しみにしてたら、あっという間に、もう巣立ちの時期になりました。
今日の朝見たときには、最後の1羽が取り残されている状態でした。
数日前に5羽の雛を確認していて、押しくら饅頭で1羽が数週間前にリタイアしていたので、結構な大所帯。残った1羽は多分生まれが数日遅いのかな。
ぼ~と観察していると、親鳥は若鳥の飛行訓練に忙しく、まったく巣に寄らないし、巣に近寄ってもエサは与えないようで、どうもスパルタな巣立ち訓練状態。
腹減った雛は、くちばしで巣を壊しています^^;
先に巣立った兄弟が、これまた巣に近寄って、一緒に飛ぼうと促していますが



デジカメの電池を2個使い切っても、巣立ちが撮影できず。
5時間ほど、インターバル撮影(タイムラプス、夜の星空等をとる撮影、0.5秒が一コマ)しましたが、現在充電中。
今所持しているデジカメは本体にUSBケーブルを刺さないと充電できないので、どうも不便だ。(別途充電器を買えばいいのですが、今更遅いし^^;)
これは、充電中に巣立つパターンだなと^^;;


(追記)
予想通り、充電完了後にはもぬけの殻^^;;;
チラッと覗いていたら、兄弟の一人が巣に戻ってきていて、あ~なんちゅう撮影にはベストショットと思い、ちょっと昼寝して充電ランプが切れたから覗きに行ったら巣立った模様。
また、来年巣作りしてくれるといいな~。