下肢静脈瘤とアンシルク3

今日は5,6年前以上から気になっている病気?の話。
下肢静脈瘤という漢字で書くと、血管のコブ? ガン? 破裂して死んじゃう?みたいな病名ですが、悪化しても余程命には問題ない病気だそうです。
簡単に説明すると足(下肢)の静脈の弁がどこか壊れていて、立っている時みたいに心臓より足が下側に来ると、血が逆流して血管が膨れる病気。
一般的な下肢静脈瘤は、大きな基幹静脈には問題なくて、枝分かれしている支流の合流部分や支流の弁が壊れているようで、僕もそのタイプ。
以前から、立ち上がるときとか、調子が悪いと座っている時も、この膨れた血管がうずいていたのですが、最近はその頻度が妙に多くなったし、何よりも妙にダルイんですよね。
足のダルさが、精神的にダルさを呼んでいるのか、ただ単に歳をとったのか分からないのですが・・・。
で、3,4年前にも地元の総合病院の血管外来で診たもらったのですが、「そのままでも死なないよ、手術するしないはアンタが決めて(のようなニュアンス)」と、なんかスゲ~嫌味な先生&レーザー治療でなかったので放置してました。
なんていうかその医者、そんな金にならない手術したくないわ、俺は偉いんだぞ、みたいな悪徳オーラーが輝いていた。
ま~、実際、総合病院だから、もっと重篤な血管の病気の人が多いし、忙しいかもしれませんが・・・
でも、ハッキリ言えますが、僕が人生で出会った人間の中で5本の指に入るほど嫌なやつだった。
(数十分の出会いで、ここまで嫌なやつと思った人間は他にいないな)
とまあ、また変なお医者さんだといやだなと思いつつ、名古屋の武田ハートクリニックという下肢静脈瘤をほぼ専門にやっている診療所に行ってきました。
先生は、ま~普通な町のお医者さんでした。
というより、どちらかという親切というより、説明が丁寧な部類かな。
とても安心できる先生でした。
エコーでここが弁で、このミッキーマウスみたいな影が深部静脈で、ここにつながっている支流が、逆流するよね~。と画面見ながら細かく教えてもらえました。
ちなみに右足だけの症状ですが、左足は問題ないそうです。
そして僕の右足の血管は、脚の深いところを走る「深部静脈」と皮膚表面を走る「表在静脈(大伏在動脈静脈)」が、一般的な人とは違う方向(影だとミッキーマウスの耳の間)から繋がっていると画像で説明してくれました。
へ~、ちょっとサウザーな気分。一般的ではないけど、よく見られる例(なんとかって英語の名前言ってた)だよとも^^
お医者さんは、やっぱ専門医が安心ですね。このクリニック、ほぼ毎日午後一は手術を2件ほどやるようですし、今日の初診も2週間前の予約でしたが、手術の予定表をチラ見したらまた月初めなのに、月末までびっしり!!
とりま、来月の頭に手術の予約をしときました。
最近、日曜日は堕落しているので、手術後にはやる気がアップするといいな~^^
ちなみにレーザー治療は、片足4万6000円程だそうです。日帰り手術で、車を運転して帰宅もOK!
今日は初診と、術前検診(心電図、レントゲン、血液検査)と、弾性ストッキングも購入したので、今日の支払いは1万ちょいでした。
ボーナスで物以外のものを購入するのは初めてだなw
安心=プライスレス!!

asi1.jpg

酷い人はもっと酷いし、個人的には見てくれよりも、足のけだるさが困りますね。
それに、仕事は立ち仕事が多いのですが、最近は場を動かない仕事(2時間同じ位置で立って検品とか)だと、始まって30分でもう足に限界が来るんですよね。
座ってやると楽しているように見られるけど、最近はお構いなく自作の背の高い椅子にちょこんと座ってます^^;

asi2.jpg

生まれて初めての、黒ストッキングw
弾性ストッキングという物ですが、これ結構気持ちいい!!
もっと早く購入しとけばよかったな~。
ALCAREのアンシルク3という商品名ですが、これ通販でも売っているんですね。
僕みたいに手術するのは気が引けるけど、足のダルさをなんとかしたいな~という人は、買っても損しないかも。
(医療用なので、通販で買う際は、もちろん自己責任でね!)