ISO9001のお話

今日は日曜日。
現在、会社のパソコン部屋で書類作成中・・・ではなくて、ブログ記事投稿中^^;
明日、ISOのマネジメントレビューがあるから、不適合報告書の分析とか、なんとかかんとかとか、あれやこれの書類を作ろうかなと会社に来ましたが・・・全然やる気がでない。
毎年、書類で数枚の数字が羅列されている報告書を作るけど、「だれも読まない」し、秋にあるISOの本審査のための外部機関に見せる、やっているよとアピールする資料みたいなものだから


もう、明日はいいや!!
紙一枚に、しゃべる事だけ書いて印刷しよう。
ただ、それすらメンドイ^^;;;
普段はただの雑用作業員、クレームが入ったら報告書作成係り、自分で報告書を作り、自分で対策を実施して、また自分でミスをして報告書を作る・・・。
中小企業にISOなんて、絶対いらない!!
無駄だよ無駄。
僕も含めて全員ISOなんてまじめに取り組んでいない。
ただ、大手の取引先がISO取得していないと取引しないと言ってくるので、やっているだけ。
遥か以前からISOとか、それに準拠している品質マネジメントシステムを実施している大手のメーカーの末端の社員だって、たぶん同じことを考えていると思うよ。
タカタのエアバック問題とか、マックの今の現状なんかモロに必要ないことを物語っているよ。
ようするに・・・
書類仕事に追われて、俺の休日が無くなるので、ISOなんてなくなってしまえ!!