audio-technica ハイブリツドインシユレーター AT6099 購入

最近、小物を衝動買いしているコン太郎です。
塵も積もれば山・・・、財布はどんどん薄く、軽くなりますね。
(あっもともと薄いし、くたびれている^^;)
今日は、久石譲さんのCD「NHKスペシャル 深海巨大生物(大王イカ)」と、先日ゴタゴタしたipodの延長コード、スピーカーのインシュレータ(防振ゴム)が届きました。
(先日の不良品のコードの店から、返信メールはきました。処理がすんなり進むといいな~)
で、インシュレータ(防振ゴム)。
今までこんなの使用したことなかったけど、せっかく高いスピーカー買ったので、性能を使い切らなきゃと思い購入。
このAT6099、変わった包装パッケージですな。
こうゆうの、結構現場泣かせだと思うな・・・、セロテープ何箇所も止まってたし^^
第一感想
・ぺったりスピーカーに貼りついて、位置の微調整が難しい^^;
第二感想
・何故3点支持なのか?
 なんで4点でなくて、3点なのか不思議だなと思って、ネットで調べてみたら、4点にするとガタツキが生じる可能性があるらしい。
 防振のためなので、3点が無難なのか。でもこのような工業製品なのでガタツキがなければ4点支持でもいいらしい。
第三感想 実際聞いてみて
・一緒に届いた、初めて聞くCDで視聴したので、劇的に変わった感は不明!
・ただ、なんだか耳が疲れないような気がする。というかそういう曲なのか・・・。
第四感想 好きな曲を聴いてみた。
・はっ、余韻が違う。良く聴く何曲かをイントロだけ10秒程聴いたけど、どれも余韻が豊かになっている。
・なので低音が迫力増したというよりは、低音を感じやすくなったというところかな。
 「ど~ん」が「ど~んぅ~ん」てな感じに。
・いままで埋もれていたような音が、くっきり聴こえる。オーケストラの鉄琴、木琴系の音が耳に残る。
 けど、これ付ける前も聴こえていたのかな・・・まだ買って数週間もたっていないスピーカーなのでどうもあやふや^^;。
 インシュレータは、既にペたって貼り付いているので、とって比べるのもメンドイので効果ありということで!
◎で、やっぱり聴きやすくなったような、プラシーボかな~^^ 
 なにはともあれ、満足!!

2013071501.jpg