今時のカーオーディオは、1万円以下で高機能(DEH-5300)

 ちょっと前と、数か月前の2回、軽バンのバッテリーを上げてしまい、2回とも会社の駐車場でしたので、夜な夜な自転車で帰ったことがありました。直接の原因は、ヘッドライトの消し忘れなのですが、ヘッドライト消し忘れブザーが鳴らなくなっていたのも原因でした。

 その警報ブザーが鳴らない原因は、バックアップという名称のヒューズが飛んでいたのが原因でしたが、何故そのヒューズが飛んだのかは不明。ケンウッドの安いカーオーディオも電源が入らなくなっていましたが、いつから電源が入らなくなったのかは、今一不明。とりまヘッドライトの消し忘れブザーは復旧したのに、オーディオは復旧しないので、もしかしてオーディオの後ろの配線がショートしたかなと思っていましたが、昔と違ってパネルを剥がして作業をする元気が無いので、しばらく放置していました。

 で、先日の盆休みに実家に帰ったのですが、やはり長時間での車の移動の時は、オーディオの音が欲しいと思いました。タブレットをそのまま助手席に置いて、音楽を聴いていましたが、無いよりはましですが、やはり聴きとりにく部分あります。

 なので、アマゾンでポチリました。「カロッツェリア(パイオニア) カーオーディオ DEH-5300 1DIN CD/USB/Bluetooth」です。9500円程でした。
 
 本日、午前中に届いて、早速取り付け。軽バン(スバル サンバー(ハイゼット))のパネルを外すのは、新車で購入して、オーディオやETCを付けて以来です。手間取るかなと思ってましたが、あっさり作業は終了。

 以前のオーディオの電源が入らなかったのは、裏に付いているヒューズが飛んでいました・・・。

 とりま、車内はどんどん熱くなって蒸し風呂状態ですので、エンジンをかけて、色んな機能のチェック。

 イルミネーション:ボタンはカラフルに色が変わるタイプにして、液晶は文字の見えやすいブルー系をチョイス。いいですね~、こうゆう機能はとても男心をくすぐりますネ!

 CD:ソロギター関連の雑誌の付録CDを車内で聴くので、やはりCDプレイヤーは必需品かな。とりま、再生できるのを確認。

 USB:以前のケンウッドのデッキでは、USBはメモリー用で、タブレットの充電ができない仕様でしたので、充電が可能になったのはとても便利です。ただ、充電できるのは確認できましたが、コードを差したら、自動で再生を始めたのですが、その曲を選ぶのがタブレット上でできません。それを出来るようにするためのアプリがあるのですが、僕のタブレットは未対応でした。ま~そのアプリの評価が微妙でしたし、普段使わないプレイヤーをタブレットに入れたくない&Bluetoothで、普段使用しているプレイヤーで音楽が聴けたので問題ないです。

 Bluetooth:実売1万円以下のオーディオデッキにこの機能が付くなんて、すごい時代になったもんですね。スマホの創成期の時代は、あとから追加でFMトランスミッターや充電設備を揃えていたのに、今ではそれが標準装備ですからね~。なお、ハンズフリーにも対応して、マイクも付属していましたが、僕は使う事ないので、取り付けすらしていません。タブレットとの接続も確認し、タブレット上で選曲、再生ができるのを確認。以前のデッキでは、ヘッドホンケーブルで接続していたので、やっぱり無線は便利ですね!

 説明書:アマゾンの評価を見た時に、「説明書がわかりにくい」というコメントが多くて、機械が苦手な人の意見なのかな~と思っていましたが、「わかりにくい」というより、「不親切」でした。Bluetooth接続するときに、説明書を確認しましたが、

 1.メニューを開いて、○○○を選ぶ。
   (選ぶ方法は、××ページ参照)

 * XXページを見ると、メニュー自体を表示させる方法は、×××ページを参照と書いていました。

 * そして、×××ページを見て、やっとBluetooth接続の設定は、電話マークのボタンを押すと書いていました。

 わかりにくいわ~ボケ!! でした^^;

 1万円以下で、タブレットの充電、Bluetooth接続可能、イルミネーションの色を好みに選べて、なかなかいい商品です。あとは、液晶画面を日本語表記に対応してもらえると、直観で色々触れるし、曲名の日本語表示に対応できて、文句の付け所のない商品かなと思いました。
 で、取り外した、以前のデッキですが、中にCDが入っているかどうか、ヒューズを取り換えてでも確認しとけばよかったと後悔。外したデッキにCDが入っていたかもと心配になりましたが、入り口から覗いても暗くて中が見えない・・・。ま~、どうせ使わないので分解(壊)して確認しました。で、結局、CDは入っていませんでした^^;。
 オーディオデッキを取り換えるときは、CDが入ってないのを確認してから取り外しましょう!