初めてのガン検診、初めてのバリウム、初めての白いやつ

知らない間に40歳(数え)になっていた。
一か月前ほどに、ガン検診の封筒が、市役所から送られてきました。

小学生の頃の40代のおじさんのイメージと、今の僕のイメージ

やばいぐらいかけ離れている^^;

なんで、こんなおじさんになってしまったのかな~。
今日がその検診の日でしたが、終わってから今までだらだらとスマホゲームしてました。

そして、もう少ししたら、猫(ベンガル)のブリーダのところにお邪魔してきます。
多分、よほど問題(猫よりも、ブリーダーの人なり的に)なければ購入してくるでしょう!

独身貴族まっしぐらですな~。

で、ガン検診。
肺のX線とか、血液検査、便の大腸がん検査は、特に普通でしたが、胃部のX線検査は初体験でした。

バリウムを飲んだら、げっぷしてはいけない。きつい!!

という、小さいころからTVドラマやら、漫画?で刷り込まれてた知識ですが、げっぷの原因って、

胃を膨らます、発泡剤のせいであって、バリウムが原因ではないのね!!

それに、バリウムの味ですが、

全然不味くない・・・・。ある意味期待外れ。

で、ゴロゴロと動きながらの撮影を終え、ゴロゴロとスマホゲームを数時間したら、便意がやってきました。
8時30分にバリウム飲んで、15時には排出。説明より早いな~。

で、でてきた、うんこ。

目がテンというか、すごい不思議な物体でした。
そして、紙粘土みたいなやつで、あやうくトイレが詰まるところでした。

人間の体って不思議というか、現代医学ってすごいというか・・・

とりあえず、ガンが見つからないといいな~。
猫飼うかもしれないし^^