アドセンスの審査と問い合わせフォーム

アドセンス


 最近ネットで、ヤフーリアルタイムに上位されるワードで日記を書くとアクセス数が伸びる、と書いてあるのを読みました。
 いわゆる、トレンドアフィリエイト(お小遣い稼ぎ)の基本なのですが、これって集客効果あるのでしょうかね?
 ソロギターの普及活動という名目と、ちょっとしたお小遣い稼ぎ?を目当てに、しばらく試してみたいと思います^^

 さて、初めて1週間も経っていないのに、昨日と一昨日と、三日坊主です。
 仕事が忙しくて、記事を書く余裕も元気もありませんん。

 月100万円稼ぐブロガーになって、四国の山奥にでも隠居生活したいです。

 とまあ、よくあるアフィリエイトの情報商材を売っている(売りつけている?)成功者の常套句が頭の中でグルグルしています^^
 彼らは、その情報商材で稼いでいるのであって、本当にトレンドアフィリエイトで稼いでいるのでしょうか?稼いでいても、自分で記事を書いているのでしょう? ランサーズで毎日のように記事を委託しているのでしょうか?
 そのような疑問もありますが、正直トレンドアフィリエイトは、ライバルが多すぎて難しいと思います。ま~半分、趣味で記事を書いているようなものですね^^

 さて、昨日の急上昇ワードを3つ紹介。
 急上昇1位
 「ポンぺ病」
 お~、珍しく芸能ネタでない言葉が一位です。そして僕も知らない病気です。ポンべ秒とかと変換されるし、言葉だけでは何の病気か分かりませんね。花粉症とか、ノロウィルスとか、エイズとかもですが、今まで知られていなかった病気が、急に現代病のように増えてくるのが怖いですよね。遺伝性の病気のようですが、何故取り上げられたのでしょうかね。

 急上昇2位
 「非常に激しい雨とは」
 先日も、どこかのクイズ番組の選択肢が検索ワードの上位に食い込んでいましたね。これもスマホの普及率が一人一台に近づいているからでしょうかね。TVを見ながら、気になったことを軽い気持ち検索する時代なんですね。
 ラーメン屋の食べ歩きサイトのように、僕はうどん屋の食べ歩きサイトでも今後作ろうかな~と何気に思いました。「たぬき」の説明とか、「かしわ」「なんばん」とか、何気にメニューを見てもこれなんだろうなと思うことあるし・・・鶏肉ということは分かるのですが、はっきり分からない感じ^^

 急上昇3位
 「斤量」
 あ~確かに、これ僕も気になりまいた。とはいってもヤフーニュースのコメント欄に講義なさっている方がいたので、検索するまでもなかったですが。
 今日の1~3位を見る限りでは、狙ってトレンドアフィリエイト用の記事を作らなくても、毎日コツコツ思い立ったこと(日常の個人日記は微妙ですが)を記事にするだけもいいのかな~と思いました。

巷のアドセンスの審査条件

 昨日の深夜から、アドセンスの広告が表示されるようになりました。
 9月17日頃にサイトの申請を行い、9月30日の夜11時40分頃に合格メールが来ました。
 2017年9月現在では、審査までの期間は2週間ほどのようです。
 
 とりあえず審査前の状態ですが、Youtubeの方で収益化を行っていましたので、1次審査は数年前?にパスしてた状態です。
 アドセンスにログインして、広告のコードを手に入れ、サイトに貼ったのが15日。

 数日たっても表示されないので、色々調べたら、YoutubeのアドセンスIDだと、サイトは申請しないといけないとのこと。
 広告を貼るサイトのアドレスは登録していたけど、審査の申請は別のメニューから行う必要があるというのを知ったのが数日後。

 その間、堂々とトレンドアフィリエイトをやります宣言(この記事の冒頭ね)して、記事を更新していましたが、無事に合格。
 何か所もアドセンスの審査条件の記事を巡りましたが、どこも過剰な条件を述べているような気がしました。

記事数はどれぐらい必要なのか

 こればかりは、参考になりませんが、今現在このサイトの記事数は700は超えています。
 10や20の記事を書いて、それもそれが最新のニュースとか、一貫性のないブログのような記事だったら、僕だったら不合格にするかと思います。
 審査のためのサイトなら、ネタを一つに絞って、その記事を10~20書くのがいいのではと思います。
 以前と違って、機械的ではなく、人間の目で審査しているとのことですので、いかにもアフィリエイトサイトは難しいのかと。

記事の内容

 ニュースの記事として、女子中学生を買春したとか、うんこが臭いとか、そもそも冒頭にトレンドアフィリエイト始めますと書いていましたが、審査通りました。
 それなりの内容の骨格記事(このサイトの場合ソロギター関連)があれば、ちょっとした気になる記事は大目に見てくれるのでしょうかね。
 思いっきり、トレンドアフィリエイトの記事を書いているのに、審査にすんなり合格したのは、自分でも意外でした。

月間PV

 今時点の月間PVは、あるようでないような、1万PVです。
 サイトを立ち上げてから、長く続いているとか、これからも長続きしそうなイメージのあるサイトが、人間の目で審査をしているので、重要な点かなと思います。

動画、外部へのリンク、画像は使っても問題ない

 動画はYoutubeを貼ってます。それも著作権的にほぼ黒なYoutubeも、審査申請中の数日まえに更新したCDの紹介ページで貼ってあります。
 画像は、ほとんどランサーズで書いてもらったオリジナルですが、探せばアマゾンの本や物の画像を拝借した物とか見つかります。(先日の洗濯機の糸くずフィルターとか)
 外部へのリンクは、数えきれないほどあります。
 全ての記事の下には、アマゾンの広告が貼ってあります。サイドバーにはほかのASPの広告も貼ってあります。
 なので、この条件で審査時に落とされることは無いかと思います。

プライバシーポリシーも書いていません。

 アドセンスの広告を貼っていますとか、書いていません。あなたの広告の好みを知りたいから、クッキーを使用するのでよろしくねという内容を書かなければならないようですが、さて実際はどうなんでしょう?

サイトの運営者情報も書いていません。

 会社や店のサイトでなければ、プライバシーポリシーとか、運営者情報、連絡先、問い合わせ先等のフォームやメールアドレスは必要ないかもしれません。
 このサイトには、掲示板やコメント欄がありますので、それが代用となっているのかな。
 運営者情報は、このワードプレスの記事ではなく、旧サイトの自己紹介ページに書いていますが、相当奥深くまでリンクを辿らないと見つからないと思います。
 なので、このサイトのトップページのような、運営者ではなく、サイトの紹介文程度でもいいのかな~。
 そもそも、ソロギターが大好きな、愛知県のコン太郎という情報程度で審査に受かるかどうかの決定をしているとは思えません。

 結論として、
 それなりに運営しているサイトなら、特に問題なくアドセンスの審査は通る
 ということですね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク